はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「江戸 ノスタルジア」展を見る

20170317版画美術館

車で10分ほどの市立版画美術館で開催中の「江戸 ノスタルジア」展(浮世絵)を
散歩感覚でぶらりと見に行ってきました。

20170316ノスタルジア
(版画美術館のチケットと、今回のパンフレット)

江戸の時代は戦いも無く鎖国中でしたので、独自の文化が発達した時代といえるでしょう。
その時代の生活風景を美しい版画にした明治22年前後の浮世絵には多く江戸を題材にしたものが
多く見られたようです。
その辺りが、「江戸へのノスタルジア」なのでしょう。

かつては描くことのできなかった大奥や江戸城の様子を楊州周延(ヨウシュウチカノブ)という絵師が
また、月岡芳年(ツキオカヨシトシ)という浮世絵師が江戸美人画を多く残したそうです。
明治の時代に描かれた江戸をという視点で展示されていました。

浮世絵は細部(描かれた中心のものではなく、画面の端の方に描かれたようなもの)に
目をやると更に楽しめるように思います。
女の髪型からその身分を図ったり、最後の方では洋装の女性も出てきたり楽しめました。
今回の多くは庶民にはとても覗けなかった大奥の姿や生活やそこで働く女官(というか、どうか分らない)
の風景も、その浮世絵から見ることが出来ました。

さて、どうして絵師といえど、決して見ることが出来ない江戸城の中を絵にすることが出来たかは
行って観て下さいね。

絵具の色合いも美しく楽しめると思います。

さて、この日は観賞しながら眠くって、眠くて、仕方無くて、2回もベンチで休みながら見てきました。
午後でしたからこんなに眠いのだろうかとも思いましたが、それはどうやら花粉症の薬の
副作用のようだと、後になって気がつきました。
終わるまで後、1カ月か・・・・と指で数えながら来年はもう少し緩い薬にしてもらおうと帰って
参りました。

来期は横尾忠則さんの展示会です。





晩御飯  焼鯖 野菜炒め ホタルイカのヌタ
晩御飯  ホタルイカと菜の花のぺペロンチーノ サラダ 野菜ジュース おいも 焼烏賊のひとしお干し
2017031お晩御飯 20170316晩御飯

私は以前、足がよく攣りました。まったく頻繁に。
その頃、整形外科で「野菜ジュースを飲みなさい。」と言われ、野菜は充分足りていると思ったのですが
一日コップに一杯飲むようにしたところ(市販の塩、砂糖なしの100%野菜のもの)、足の攣りは忘れるようになりました。
不思議です。

夫が血圧が高めでしたので、レモン酢をこの野菜ジュースに20ccくらい毎日飲んでいます。
そのせいかどうか分りませんが最近かかった医者に、「羨ましいほどの血圧だ。」と言われて帰ってきました。

それはどちらも他人様に推奨するものではなく、私たちの体に合ったということでしょう。


 [ 2017/03/17 22:13 ]  美術館 | TB(0) | コメント(7)
町田市立の版画に特化した美術館があるのですね。
大奥の女性の着物?・・・色彩も美しいですね。
知らない絵師さんばかりです。

「春眠暁を覚えず」もあるし
お薬飲んでなくても午後は眠くなるので
花粉のお薬飲んでたらいっそうですね。
この時期が早く過ぎるといいですね~

今年まだホタルイカ食べていません。
菜の花と一緒にパスタが美味しそうですね。
[ 2017/03/18 09:52 ] [ 編集 ]
こんにちわ~
お知らせありがとうございます。
しばらく掲示板の方で活動したいと思っています。

なんだかんだで時間とられてまいっています~
これからどうしたものかと思案中です。

いろいろ精力的に活動されてますね!!
少しずつ暖かくなってきたのでお出かけもちょっと楽ですね。
いろいろ向学を深めてこれからの色んな事に役立つことだと思います。

昨日園芸ショップでいろいろ仕入れてきて今植えたところです。
風がちょっと強いかな~
花粉がね~

↓眠くなるって書いてあったけど今眠くならないお薬もありますョ。
仕事中に眠くなってはいけないので先生に相談したら処方してくださいました。
一日一回飲むだけですよ。
[ 2017/03/19 10:26 ] [ 編集 ]
こんにちわ~
ブログに入れるみたいです。
時間があるとき試してみてくださいね。
たびたびすみません
[ 2017/03/19 13:30 ] [ 編集 ]
版画展
住まいのお近くに美術館があるなんて、なんて恵まれていることでしょう。
町田市にある版画美術館はとても気になるところでした。はなこさんちのお近くだったとは
浮世絵からは、江戸の庶民生活がいろいろ描かれていて、開放的な時代が映し出されて
興味がありますね。
私も寝る前に1錠飲む花粉の薬ですが、昼間はあまり眠気はありません。
はなこさんの処方されているお薬は、ちょっと強めなのでしょうか。
それにしても、春は眠いです!
[ 2017/03/19 13:50 ] [ 編集 ]
優雅ですね
お近くに 美術館が有るのですね 良いですね。

江戸時代は 優雅で豊かな時代だったんでしょうね 髪形や着物もじっくり見る価値が有りますね。
版画は気の遠くなるような緻密な作業の積み重ね 素晴らしい日本の芸術ですね 日本人ならではの芸術 昔は ゆったりとした時間が流れていたのでしょうね。

薬の副作用で眠くなるものが有りますね 運転はくれぐれも気を付けて下さいね お大事に!
[ 2017/03/19 17:46 ] [ 編集 ]
市立版画美術館
おはようございます

今日は春分の日、
本格的な暖かい春を期待できそうですね~

町田には写真クラブの会合と写真展示で
2か月に一回出かけてます。
このような立派な市立版画美術館があることは初めて知りました。
今度、機会を見て訪ねてみたいと思います。

明治時代に描かれた浮世絵の企画展「江戸ノスタルジア」
大奥や江戸城の様子など細やかに描かれていて
これまであまり知られなかったことが見られて、
大いに得るものが多かったのではないでしょうかね。


[ 2017/03/20 10:03 ] [ 編集 ]
v-252sachiさんへ
版画・・・とはついていますが、まぁ、普通の美術館です。
版画に精通する学芸員さんもいるのではないかな?
時々版画の講習もしている様子です。

私もこの辺りの時代は知りません。またすぐに忘れてしまうので、絵で覚えていることの方が多いかもしれませんね。

v-252misakoさんへ
今回はエキサイトブログで、他の人も同じようなことが起こっていたので
misakoさんのところだけでは無かったみたいですね。
回復してよかったです。

今年はちょっと花粉症、きついかも。今が最盛期かな。
強い薬は、やはり眠気の副作用が強く出るみたいで、眠気が出ないものだと
効き目の効果が弱くなってしまうので、私の場合は、ここ何年かこれでいってるようです。
頓服ももらっているのですが、これはほとんど飲んでいないの。
薬剤師さん曰く。

v-252akiko.hさんへ
町田博物館は家からもっと近いところにあります。歩いていけるくらい。
ここも結構いいのがやっていて、遊びかてらにはいいところです。
今、伊万里焼やっているかな。学芸員さんがフレンドリーで、質問すると、いろいろな話がやって来て興味を起こさせてくれます。

花粉症は強めかも。
眠気を取るか、効き目を取るかというところみたいです。
でも比較的早くに飲み始めたので、身体は慣れてきているはずなのですけど、もしかしたらただの
怠け眠~いかも。
昼寝を全くしないという人もいますけど、私は昼間寝ても夜はまたそれでよく寝る方だから・・・
いつも眠い人かもね。
akikoさんもお大事に。

v-252ケイコさんへ
何枚も繋げて一枚の絵にするところでは継ぎ目が旨くないものもあったけ。
日本絵の具(浮世絵の同じかどうかは分りませんが)の美しいことね。
丁寧ないいお仕事をしていて、こういうところは見習わなくっちゃねと。
いつもお気にとめて頂きありがとうございます。

v-252はたやんさんへ
博物館は駅の南方面すぐにあって、芹が谷公園のお隣続きでいいところです。
木も多い。
小田急線よりJR町田駅からの方が近いかもですね。

江戸時代は、いい時代(憧れ)という人は結構いるのではないかと思います。
家の夫もそう言っていますから。
だからノスタルジアなのかな?





[ 2017/03/21 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索