はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

TADANORI YOKOO HANNGA JANNGLE展(横尾忠則版画展)



少し前ぽっかり空いた時間に、近くの市の美術館で開催中の『横尾忠則版画展」を見てきました。

横尾忠則さんというのは、私が若いころから身近に居たイラストレーターという感じがします。
それは、同じ時代に生きているからというものであるのか?
週刊誌の表紙や漫画本の絵を描いていたりというところから来るのか・・・・?
今はイラストレーター、版画家、画家とも呼ばれるようです。
230~250点、最近のものもありました。

201705yokootadanoritenn1 

市美術館と展覧会内部の奇抜の絵の数々。

こういう絵からは、画家を思わせます。

201705yokootadanoritenn2

沢山の賞を受賞していました。

ダリの展覧会では、ダリに会ったことのある随一、日本人の画家と紹介されていましたね。

本も出ているのですね。
その中の一冊、「死なないつもり」という本が展示されていましたが、そのタイトルと帯にちょっぴり感動しました。

80歳の熱き人生と創作。
「完璧を目指すのではなく、あえて未完にする。
未完は明日に続くものだから。」

なるほどね。
生きていてこそ。

こういうものに男も女も無いとは思いますが、どうも男の世界のような感じがして
私には残念ながら分かりにくい展覧会だったかもと思いながら、会場を後にしました。

世の中を前進させてきた人のひとりであることは間違いないでしょう。






 [ 2017/05/30 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(3)
こんにちは
はなこさんのわくわくしたお気持ちが伝わってくるようです。
花の日本画もよかったでしょうね。
どちらも目の前に画を見れば、迫るものがあることと思います。
難しいけれど、いい日をお過ごしになったようで拍手です。
[ 2017/05/30 10:47 ] [ 編集 ]
積極的に美術館へお出かけですね。
横尾忠則さんの作品はよく知りませんが、
「・・・・・あえて未完にする
未完は明日に続くものだから」は、
80歳という年齢もあるでしようか。
[ 2017/05/30 23:29 ] [ 編集 ]
v-254はるるさんへ
絵を見るのは、驚きと新しい発見の連続です。
また、生きざまの発見でもありますね。
こんな楽しいことは無いと思うのですが、この頃足が弱くなって・・・・
帰ってくるとその日は早く寝てしまいます。
いつまで出来るか・・・と弱気にもなりますが、出来る限り楽しみたいと思っています。
拍手をありがとさんです。

v-254sachiさんへ
人は必ず死ぬのに、死なないつもりとは、大そうなことを、と思ったのです。
人は完成など、しない方がいいのかも・・・
いつまでも生きていられる?
[ 2017/05/31 06:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索