FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 「REALISM 現代の写実」を見に行く -2

20171208現代のリアリズム展1 パンフレット

大雑把にさっさっと描いたような絵も好きですが、リアルな絵は大好きです。
画家と同じ場所にすぽっといるような臨場感を感じます。
今回は、比較的若い画家のリアルな絵が展示されていました。

20171208現代のリアリズム展2 パンフの中一部

リアルは視覚を超えて、向こう側にそれ以上のものがあるような気配がするので、見ていると
驚きと興奮です。

陶器の器のその質感と、落ちたらどういう割れ方をするというようなものまで想像させます。

柔らかな肌の質感と、絵の対象物が今にも絵の中から出て来るような動きを想像させます。

リアルに描かれた野原の草が、風が吹いたら、たなびき、草がすれ合うような音を
発するのではないかと錯覚さえ覚える絵。

抱かれた小さな子供が、そこから出たくて、こちらが手を差し伸べたらこちらにやってきそうです。


隣で見ていた、モダンな服装の熟年のカップルの女性の方が「ねぇ、ねぇ、これってどうやって描くの~?」と
連れの男性に問いかける声が聞こえて、はっと我に帰るほど引き込まれていました。

描かれた絵が精巧で、精巧過ぎて、これは今なのか現実なのか・・・という不思議な感覚でした。



上野の公園はいくらかまだ紅葉が残り、高く伸びた木が透けた空にレースを広げたようです。

20171208美術館

午後には、にわか雨が降るかもしれないという予報で薄暗く、夕暮れも早いだろうと
早速に帰ることにいたしました。

20171208gohhotenn

あぁ、楽しかった今年最後の美術館巡り。



 [ 2017/12/15 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索