FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

『プーシキン美術館展』(東京都美術館)を見る

201804227tiketto

連休に入る前、東京都美術館で開催中の「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」を
見に行きました。
今、上野の国立西洋
美術館の方の展覧会も見たいと思っているので、こちらを早めに先に見ました。

プーシキン美術館は、モスクワにある国立美術館です。
ここに収められている主にフランス絵画の風景画を中心に展示したのが今回の展覧会です。

画家が描く絵や絵画の変遷は、往々にしてその生きた時代に影響を受けながら描かれるものです。
そんな時代の流れを感じながら、今回展示の絵の数々を見てきました。

世界各地にある美術館も、上流階級の収集家や実業家の手によって絵を集められたのが
始まりだったり、ボストン美術館のように、市民の手で作られていった美術館だったりといろいろだが
プーシキンは前者。

18世紀以前の絵は宗教画や歴史画が多く、風景画も時々あったが、それはありのままを描いたものではなく
絵はこうあるべきという流儀のようなもので描かれたようです。
絵は特権階級のものであったという時代から、市民志向へと変わっていったのです。
風景画というものは、宗教画や歴史画より下のものという見方もされていたようです。

自由に・・・市民の生活や画家が住んでいたところの景色や旅した風景を描くようになったのは
その頃の時代から来るもの、フランスにおいては、19世紀半ばに「パリ大改造」が施行されて
どこまでも続く道路、列車が走るようになり人々が自由に移動できる(それまでは絵は室内で描かれることが
ほとんどだった)ようになっていった(中流階級の台頭)

そして、印象派絵画のまばゆい陽の光、
こういう時代背景から印象派の始まり、チューブの絵の具の開発など、世間が上流階級から市民の生活に
結びついたものへ志向が向かった。
ある意味、身の丈の芸術に変化していった時代。

ロシアの美術館へなぜフランス絵画の多くが?
やはりその時代もフランスは憧れであったこと、鉄道が発展していったことなどが影響。

色彩が躍る美しい風景画の数々を見ながら、近代絵画の流れがやっとつかめて来た
私です。
やはり美術史上、印象派というものは大きな変革?だったことを改めて感じます。

今回印象的だった絵は確か?『女性のいる森の風景』1870年 アンリ=ジョセフ・アルビニ―
森の木々の木漏れ日が女性の姿に映り、描き方がすごいなーと。

展覧会記事はいつも私の個人的な感想ですから、見る人それぞれが好きに感じ、思うところは
いろいろです。
次にまた私が同じものを見に行ったとしても、同じように感じるとは限らないし、
又、違う発見もあるかも知れません。
だから展覧会は面白いと云えるでしょう。


今回、ミュージアムショップで買ったものはこんなもの。

20180427matori-sika根つけ 

マトリーシカちゃんの極小根付けだけ。
気に入った絵の絵はがきは有りませんでした。







晩御飯  生鮭ムニエル ソテー野菜添え もやしのシーチキンサラダ 納豆
20180428晩御飯






 [ 2018/05/06 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(3)
おぉ~早いですね~♪
絵を描かれるはなこさんはどんな視点から
ご覧になるのでしょう~ 興味津々です
絵の前に立ち想像力逞しく楽しめるのも
印象派のいいところですね
私も狙っていますのでそのうち行ってみたいです
小さな根付が可愛い~♪

↓アイスバークが綺麗に咲いて香りもするとか~?
これも狙っていマツ 笑
[ 2018/05/06 05:08 ] [ 編集 ]
アンリ=ジョセフ・アルビニ―の絵画
東京都美術館の「プーシキン美術館展」ご覧になったんですね。
日ごろ、絵を描かれているはなこさんにとっては、また絵画の観方も違ってくるのでしょうね。
印象派の絵画では私はコローが好きなのですが、コローの絵画もありましたか。
まだ、期間もあるようなので、行ってみようかなと思いました。

[ 2018/05/07 16:06 ] [ 編集 ]
v-254Kamomeさんへ
私が絵を描くっていってもいたずら描きのようなものですから。
大概は、時代とか画家の環境などから絵を見ることが多いかも・・・?でしょうかね。
画家それぞれの個性を感じたりとか。

アイスバークのツル性はkamemoさんのお家にもあったような覚えですが、我が家のは
木立性というか、ツル性では無いです。今年はものすごくたくさん咲いています。(肥料のせいかな)
香りですが、気がつきませんが、気をつけてみますね。

v-254Akiko.Hさんへ
描くっていったって・・・・○△□☆

コローの絵もありましたよ。夕暮れ・・・
中々よかったかと思います。
次は大観を見てみるかな・・・?


[ 2018/05/07 22:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索