FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「柚木沙弥朗の染色・もようと色彩」展を見る

20180612柚木沙弥朗の染色・もようと色彩」展1 柚木沙弥朗の染色・もようと色彩」展2

「どこか美術館へいきたいなぁ。」と思っていたとき、
「柚木沙弥朗の染色・もようと色彩」展を日本民芸館でやっているので、ちょっと見に出かけてきました。

色の取り合わせとか、形の組み合わせを楽しみたくって。

日本民芸館 と 入場券
柚木沙弥朗の染色・もようと色彩」展3 柚木沙弥朗の染色・もようと色彩」展4

日本民芸館があるのは知っていましたが、訪れたのは初めてです。
古民家風の建物に入ると、高い天井からタペストリーのように飾られた
生き生きとした美しい模様の型染め布が大きく展示されて、モダンと言ってよいか
見ているだけで元気になる色彩や形、組み合わせに、ため息が出るように美しかったです。

染色の他、ガラス絵、ポスター、絵本など、きっと、どこかで作品のひとつは見たことがある・・・と
誰しも思うのではないでしょうか。

現在95歳になられお元気で、周りの人に支えられながらも一人暮らしをし
「面白くなければ、やらない。」と、ご活躍の姿に、元気をもらいます。
今回は模様と色彩に焦点を当てての展示でしたが、普段は可愛いおじいさんで
指人形を作ったり(それがまたユニークでいい)、普段の生活のいろいろからヒントを得て
幅広い作品をつくり出すという。

芸術と云うものは、音楽でも、踊りでも、絵画でも、みな自然の世界のものがお手本ではなかろうかと
思いました。
自分の身近にあるものが・・・・

私は、ウィリアム・モリスやルネ・ラリック・・・暮らしの手帳の 花森安治に繋がる
デザインの精神があると感じましたが。

日常の空間で楽しむアートとして、こういう布が側にあったら素敵ですね。
豊かな色彩やデザインが、活力あふれる日常を想像するだけで、元気になれると感じ見てきました。

女の人においては、服を作ったり、小物を作ったり、インテリアを考えるような人にも
大いに刺激になるのではないでしょうか。

楽しかったです。



 [ 2018/06/15 00:05 ]  美術館 | TB(0) | コメント(2)
日常の中から
はなこさん、エネルギッシュに美術館に足を運ばれていますね。
今回の「柚木沙弥朗の染色・もようと色彩展」、その色彩がとても自然で
アートが非日常でなく、ほっとしますね。
はなこさんがおっしゃるように、自然界がお手本ではなかろうかと、確かにそう思います。
自分の身近にあるものから、発想を膨らませたら。
それにしても95歳の柚木沙弥朗氏、年齢を感じさせない仕事ぶりですね。
[ 2018/06/15 17:55 ] [ 編集 ]
e-241Akiko,Hさんへ
展覧会に出かけるのは体力勝負みたいなところがあって、楽ではないのですが、逃したくない思いで
出かけますよ。今月はもうひとつ、券があるので。
この頃私の頭の中も結構、アートのシプナスが出来て、面白くなって来ているのだと思います。

作家さんたちは、生活の経済的なものを考えなければ、作品を生み出すことはナチュラルキラーが出て
浄化されるのでストレスは長続きせず、皆さん長生きではなかろうか。
作品を作ることは面白く、楽しいことだと思える人はどんどん作品が生まれると思いますね、草間弥生さんみたいに。
[ 2018/06/16 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索