FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「いわさきちひろ 絵描きです。」展を見に行く

20180817いわさきちひろ展120180817いわさきちひろ展2 パンフ

東京駅にある美術館「東京ステーションギャラリー」で開催中の「生誕100年 いわさきちひろ 絵描きです」展を
見てきました。(いわさきちひろ 1918~1974)

何か懐かしい絵本を見るようでもあり、ちひろがたどり着いた絵の描き方の「にじみとたらしこみ」
私は今回見たかったのですが、それはあまりスポットが当たっていない展覧会だったので
この点から云えば、
これは石神井にある「いわさきちひろ美術館」の方へ見に行けばよかったのかもしれなかったかも
知れなかったですね。

この可愛らしい、優しい、柔らかな作風にたどり着くまで、ちひろも20年、かかったというのですから
ちひろといえば、子供の絵と連想するばかりですが、それ以前の時代の絵を見ることができました。

人はみな生きた時代なしでは語れないものがありますね。
ちひろさんの娘時代はずっと戦争の時代だったそうです。でも絵が好きで(14歳で画塾に通うようになり
絵描き家になると決心し、生きたその時代と生き方を見ました。

今知るいわさきちひろの絵の前身の絵で、素敵な油絵がありました。
「なでしことあざみ」「マスクをする少女」ほか4点。

ちひろの絵に描かれる子供は、ちょっとした子供のしぐさを捉えて、その子が持つその時の感情を
よく表していると思います。
絵本の挿絵としての効果がとてもよく絵に生かされて描かれていましたね。
恥じらいとか、ちょっとした寂しさ、小さな楽しみ、嬉しさの子供の小さな感情が絵ににじみ出るようです。
よく子供を観察したのでしょうね。
こどもの幸せと平和を願って子供の絵を多く描いたそうです。

黒柳徹子のベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」の本の挿絵で世界へ羽ばたいていきましたね。
トットちゃんの本は世界30カ国を超えて出版されていますから。
黒柳徹子さんは今、安曇野と石神井のふたつの「いわさきちひろの美術館」の館長をしています。
この出会いは、千尋の死後のことだったそうですが、たった55歳でこの世を去ったちひろさんだったのです。

ステーションギャラリーは、初めて訪れた美術館です。
東京駅の中にあるというか隣接するというか、珍しい美術館ですね。

20180817いわさきちひろ展3 4センチ四方くらいの小さなチケット


駅舎の一角にある美術館で、地味で入口を見落としてしまいそう・・・・

20180817いわさきちひろ展4
ギャラリーの入口と、左写真、下・・・館内の階段の作り と 駅北口の美術館前の天井・・この周りの部屋が
美術館の中だったのかな?

重要文化財にも指定されている東京駅舎の歴史を感じさせる煉瓦壁と現代的な白壁の展示室が特徴的。
館内に入ると駅の喧騒がまったく感じられなくて、不思議な感覚?でしたね。

行き帰りの中央線からは、新しくなる新国立競技場の工事で何基ものクレーンが2020年のオリンピックに向けて
急ピッチで進められている様子が車窓から見えました。







 [ 2018/08/27 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索