FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

カルチャーショック

20181204モビール

暖かな、まるで春のような日中になっています。
こんなに暖かいと、冬がこれから来るのを忘れてしまいそうです。
例年ならば、「初氷、張る」のタイトルの記事を書くことになるのにね。

吊るしてみようかと思う材料があったので、ゆらゆらと揺れるモビールを作ってみました。
赤ちゃんが、これを大好きで、何時間も一人遊びをしてくれたことを思い出します。
落ち葉や乾燥の果実のスライス、小さな鳥の作り物を吊るして。

顔に見えたり、広い空間に思えたり、ときにぼんやりとした一瞬の世界に入り込むようです。


赤ちゃんだった息子も中年の年齢に達し・・・・
先日来訪した時の話が、
共働きの息子夫婦の家事分担に、私の時代には考えられない、うふふ、カルチャーショックでした。

食事つくりは息子の分担で、ほかの家事は全部、嫁がやってくれるのでいいかと、いう。
「食材の買い物は?」と、聞くと「それは両方で。」
「以前は、洗濯はオレがしていたが、干し方が気に入らないとかで今は、嫁がやっている。」と、いう。

晩御飯は定時で帰れば、息子のほうが帰宅は早いそうで、息子が作るという。
聞きながら、大変だなぁと思ったが、まぁ、これは二人の生活だから、私たちが口を挟むことはない。
夫の顔を見ると、何とも言えない少し驚き笑ったような顔をしていたが、言葉を発しなかった。

この息子、学生を卒業したら、すぐにひとり住まいになったが、それがいい功を奏しているようだ。
家にいたときは何ひとつ家事をやったことなどなかった覚えだが、独り住まいのうちに
成長の食指をかなり伸ばした。
その頃は私も、自炊の息子に土鍋やらミキサーやスロークッカーやフライパンとかようなもの送った。
食材も、今考えれば、色々な食材の中にはナンを作る素とか、なにか普通ではないようなものも
送っていたかもしれない・・・・。
自分が使うようなものを。

息子は今は、ブリ大根を半日かけて煮たり、この頃は、ぬか漬けも始めたというから
わたしたちも目を丸くした。
「あの、何もやらなかった人が!」

心配ない。
人も環境に合わせて成長していくものらしい。



帰り際、「父さんが、思ったより元気でよかったよ。」と言って、帰っていった。



春のような晴れの日になった今日の空は、明るくて青くてきれい。
白く大きな雲も風に吹かれて流れていく。

どこにも出かけられなかったが、今年の紅葉は庭も近くの公園も、とてもきれいだった。

20181204家の紅葉




 [ 2018/12/04 13:39 ]  生活 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索