FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

人生の節目に・・・“おもいでピアノ”

20190731都庁1

7月終わりの頃、この猛烈に暑い日でしたが、時折旧姓で呼び合う友人と新宿で会いました。
会いたいと思いながら、冬を終え春も終わり夏になってしまいました。

20190731都庁2

中間地点の新宿で会うと、私たちは時折、都庁の展望室(45階だったかな?)へ行きます。
東京の街を見下ろしながら、ご無沙汰だった日々を振り返りゆっくりとお互いの話に耳を傾けます。

20190731都庁3

友人はこの一年の間に実家の102歳になる母上様と上の姉様のふたりを見送り、若かりし頃の家族は
彼女ひとりになってしまいました。

20190731都庁88,

私たちが若いころ、発展し始めた新宿の街や遠くに東京の街並みを眺めながら
懐かしい日々を話したり・・・
私が昔、勤めていたところは、あの黒いビルのすぐ裏側・・・・

20190731都庁7

「ほら、見て。新しい国立競技場。」
(中央の白く丸いところ)

20190731都庁6

フロアには、他の町でも設置され始めた、今話題のストリートピアノが素敵な音を奏でていました。

20190731都庁12

ピアノのデザインは、見ての通りの草間彌生さんの監修の水玉模様。
大衆の中で、ピアノを弾きたい人が順番で、いろいろな曲を弾いてくれます。

20190731都庁9月分

クラシックだったり、アニメの曲だったりと、楽しいこと。
流石、大衆の中で弾くだけあって皆さんとても上手です。

IMG_20190731_145250 (1)

「ピアノが弾けるっていいわね。」と、言いながら、亡くなったお姉さんの思い出話をしたり
ここを訪れた外国の人たちや夏休みになった子供たちと暫くの間、聴きほれました。

20190731都庁11

こんな時間を一緒に過ごして、友人の細かいご苦労を聞けなかったような気がしましたが
「また涼しくなったらお会いしましょうね。」と、約束をして「元気を出してね。」と、お別れしました。

自分の若いころの家族が自分一人になるって、きっとうんと寂しいことだと思います。
色々な沢山の片付けごとに、悲しみの心が押しつぶされるような気弱な気持ちもあるでしょう。
私たちもそんな役割をしなくてはならない歳になってしまったこと・・・・。

元気でまた、お会いましょう。




都庁には庶民的な、こんな「議会レストラン」と呼ばれるお食事ところも1階にあります。

20190731都庁4

これはどういうこと?超安っ!

20190731都庁5


見ませんでしたが、7月末までオリンピックのメダルも展示されていたようです。

展望階に上がるエスカレーターに並んでいたとき、横を小池都知事が4~5人のSPに囲まれながら
通過していきました。
正面から見ることはできませんでしたが、いつものややミニのタイトスカートと、ハットと呼ぶのでしょうか・・・
そういう帽子を被って、さっそうと通り過ぎてしまいました。
お顔を拝見することが出来ず残念でしたが。


 [ 2019/08/07 22:27 ]  生活 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索