FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「円山応挙から 近代京都画壇へ」展 を 見に行く

20190913美術館1 パンフ

20190913美術館2

9月初中旬の頃、東京芸術大学大学美術館で開催中の「円山応挙から 近代京都画壇へ」展 を
見に行きました。

「円山応挙から 近代京都画壇へ」展 ←クリックで。

もしかすると、日本画の出発点は応挙の頃だったかもしれない・・・。
写生画という観念がこのころからこぞって迎え入れられたようです。

大乗寺襖絵も気品の溢れたものであったが、動物や植物の身の回りにあるもののスケッチ帳が
巻物で展示されていたが、わたしにはそれが大層気に入った。

それは応挙が、「目の前にある対象物をよくよく見て、写生をしなさい。」という教え、
「そうすれば、後のことは自ずからついて来るもの。」とし、それは応挙の数々の写生で
丁寧に描かれたお手本帳ともいえるものでした。

その写生された個々のモチーフは、
身近にある沢山の花や動物で、今、絵を勉強する人たちにとっても大いに参考になり
その教えの志には、励まされるものがありました。

何でも、どの道でも、尽きるところは、こつこつと丁寧に一生懸命にやっていくということのほか無いように
思ったものです。
これを分かったら、この展覧会を見に行った価値は大きいと思って、いい気分で帰ってきました。


↓ここは東京芸術大学の何門なのでしょうか?
初めて訪れた美術館を探しながら上野公園の一番奥で、このポスターを
見つけて、思わず写メしました。

東京藝術大学大学美術館1

展覧会を見終わってから、一般の人も芸大の食堂を使うことが出来るというので、私たちも
もしかすると将来の名高い画家もここでランチをするかもしれないと、ちょっぴりミーハーなワクワクを感じながら
お昼の休憩をして帰ってきました。


先月29日で東京での展覧会は終わり、京都美術館でまた開催されるようです。
日本画はいいですね。
何処に行ってもシニアが多く、展覧会も混んでいました。


 [ 2019/10/01 00:00 ]  美術館 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索