FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「ゴッホ 永遠の門」 映画を見る

201911ゴッホ映画

写真はネットからお借りしました。
「ゴッホ 永遠の門」の映画を見てきました。

結局のところ、映画を見ても新しい発見は私にはなかったように思う。
私は映画に詳しくないので分からないが、ゴッホほど、映画になった画家は他にいるのだろうか?

短い不遇の人生。
ゴッホは画家だし、ゴッホの絵も人もどう見るかは鑑賞者それぞれでしょうし。

私は映画俳優についても、全く分からない人ですが、ゴッホ役の俳優ウィレム デフォーが
もうゴッホそのもので、錯覚しそうでした。

ゴッホには本当はもっと長く生きて、北斎みたいに長生きして、もっとたくさんの絵を描いてほしかったと
思います。
画家人生10年で作品850点も描いた。
ゴッホは、描かずにはいられなかったのでしょう。

以前には分かりにくかったように思う、「月星夜」や「夜のカフェテラス」の絵もゴッホらしくて
わたしは好きです。

最晩年に描かれた画もあんなに力強かったのにと思うと
何故あんな最後だったかとまた、ゴッホについてぐるぐる回りして
結果、映画を見ても目新しいこともなくて変わらなかった感がしました。

弟のテオもなかなか偉い・・・自分の人生以外に売れない画家の兄の生活を生涯支えるなんて。

ゴッホがテオに出した手紙の本もあるが、機会があったら読んでみたいと思いました。



 [ 2019/11/17 00:06 ]  美術館 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索