FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

母との散歩

午前中、PC講座に行き、お昼はちょっとそこで頂いておしゃべりを楽しんでしまったので、
病院に着いたのは、2時半過ぎでした。

もう、父の姿は無く、きっと母を車椅子で散歩をして帰った後なのでしょう。

私が着いたときは、母はしっかり目を覚ましていて毛布を口元で
にぎるような恰好で、私を見ると、はっとして「まぁ、あなた。」とでも言ったようでした。

「しばらく来れず、ごめんなさいね。」
「会えただけで、しあわせ!」(これは母の口ぐせ)
「○子が、お母さんが毎日どうしているかと思ってねぇと、言うもんだから
明日行って見るわ。と言って来てみたの。」と、言うと
○子に、キスを送るような手まねをして
「そー。」と、目を見開いた。
「あなたの家は、みんな元気?」と、昔のように私に聞く。

今日はすっかり目が覚めていたので、昔話を沢山して楽しかった。
母の言うこともよく分かった。

体重計測があり(毎月1回)計ったら、32.8kg、先月より
800g減だった。
「トイレの分が引かれちゃったわね。」と、笑う

介護士さんが、「散歩しますか?」と、聞いてくれましたので
母の顔をのぞきこむと、母が「行く」と言うので、身支度をして
しばし、散歩に出た。

ほとんど、廊下の行ったりきたりだが
「車が走っているのが、見えるでしょう。」
「今日は、雨あがりで蒸し暑いね。」と、車椅子を押した。

ベットに戻り、「お母さん、そろそろ帰るわね。又すぐ来るからね。」というと、
一瞬、顔全体をくしゃくしゃにして、私の腕にしがみついたが
「又、来るから、すぐにね。」と言うと、仕方なさそうに手を振った。

寂しがりやの母さんだったもの、すごく寂しいに違いない。
でも、ここの病院の先生や看護の方たちがとてもよくして下さるのが、私には救い。

又、昔の話いっぱいしましょうね、お母さん。
私は今までのありがとうをいっぱい伝えるの。

もうすぐこの病院に入って一年。
口から食べ物を取れなくなって、やはり一年。
9月には94歳になる。

`07カサブランカ絵手紙

 [ 2007/07/27 07:00 ]  | TB(0) | コメント(4)
お母様お変わりなくてよかったですね
貴女の顔を見ているだけで幸せなのよ~
お二人の微笑ましい会話が目に浮かびます。

[ 2007/07/27 13:32 ] [ 編集 ]
暑いですね
午前中、山アジサイの白い房状の花が咲いているお宅に行ってきました。(お家の方に聞きました)
涼しげで、とてもきれいでした。2はなこ5さん家のような庭でしょうね。

お母様とのやさしい会話 こんな時間が少しでも長く続くといいですね。
私は、今年4月、父の7回忌、母の3回忌でした。
母と、父との会話や、思いも、2はなこ5さんと同じでした。こんな形で、書かれる文章に、まだ、私も、胸が熱くなり、ジーンときます。
[ 2007/07/27 16:33 ] [ 編集 ]
ほんとうに素敵な関係
お母様と、優しい2はなこ5さんとの関係は、いつも素敵ですね。
暑い日でしたけど、ほっとします。

百合のイラストも、気品があって、とてもいいですね。
[ 2007/07/27 20:19 ] [ 編集 ]
みなさん、コメントをありがとうございます。
☆tomikoさんへ
tomikoさんが、「大事にしてね」と、わたしに言ったこと、深く心の底に沈んで覚えています。
ありがとうございます。

☆五月さんへ
暑い日でしたね。
熱い日と書きたくなります。
そうですか、五月さんのご両親もすでに千の風になられたのですね。
見舞えることの幸せを、いつもかみしめています。
ありがとうございます。

☆お花大好き!さんへ
何をしてあげれることも少なくなりました。
トイレへ付き添うことも、お水が欲しいと言われても
してあげれません。
昔話の中に入ると、母も私も昔に帰ってあの時を再現する心境になるのです。
やり残したことが、無いような幸せな感覚になります。
ありがとうございます。
[ 2007/07/27 20:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索