FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

韓国旅行 6

2泊3日と短い旅行でした。
最後の日となりました。

朝ごはんはホテルの窓から見下ろせる、来た時から気になっていた地元の小さな食堂で海鮮テンジチゲ(味噌チゲ)を
頂きました。たったの4000ウオン。
テンジチゲ


韓国では、職場で朝ごはんが出たり、昼ごはんもあったりと、又外で済ませてから職場へと、あまり家では食べない様子でした。
週末は家族が一緒に食事をすると、チャングムパークの濁酒売りの日本人店員さんが教えてくれました。
楽だな~、ウラヤマシ~と思いました。
でも、子どものいる家族だったらそういう訳にもいかないでしょうね。

この話を聞いたチャングムパークの濁酒売りの売り子さん、日本人だそうで韓国人男性と結婚して
この地に住んでいるのだとか。
「韓国男性は、情が深く大事にしてもらっています。」と、お幸せそうでしたよ。
安心してね、この方の鳥取のお母さん。

さてさて今日は帰国の日なので、あまり遠くへは行けない。
が、また地下鉄に乗って仁寺洞通りを通って韓国伝統茶院へ。
美術館の隣になっていて、最後をゆったりとナツメ茶や五味茶を頂いてきました。(8000ウオン)
松の実が浮いた綺麗で美味しいお茶でしたが、写真がなくて残念です。

ここ仁寺洞通りは、200Mにわたって韓国陶器、韓紙、韓布、チマチョゴリの切れ布で縫ったポシャギなど伝統工芸品やお土産のお店が続きました。

茶院に入り口ゲート
bizyutukann


茶院のお店
伝統茶院1


大きなみかんの木がありました。
伝統茶院2


茶院のテラス.......韓国の音楽がゆったり流れていました。
左の大きな木はナツメの木。実が沢山なっていました。
伝統茶院3


そして帰途、金浦空港へ......ソウル市内風景
ソウル市内


飛行機はアシアナ航空のチャングム号です。
帰る日、韓国のノムヒョン大統領が陸路で北朝鮮のキム総書記を訪問するとニュースが流れた日。
はは~ん、昨日のソウル市内の警官警備はこの為だったのか!と納得いたしました。
帰途へ


かくして無事に帰ってきました。
お世話になった皆様、カンサンニダ!ありがとうございました。
そして、アンニョンヒ ケセヨ!(さようなら!)
アジョ チェミソヨ!(楽しかったよ!)

 [ 2007/10/09 07:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(6)

Ж行ってみたくなりました。Ж

歴史・文化に触れ、食も楽しそう!!
茶院こんな風情の所で、静かに一服
頂いてみたいです。ヾ(^‐^;
[ 2007/10/09 11:09 ] [ 編集 ]
きっと、又行ける。
v-280こんばんわ、コアラさん
私も、もう一度いってみたいです。
飛行機嫌いな私にとって近いことが魅力です。

元気なら又いけますよ。
[ 2007/10/09 18:01 ] [ 編集 ]
はなこさん こんばんわ~

首は治りました。ありがとうございます。

なかなか素敵な茶院ですよね~
行って見たいです(^_-)-☆

韓流ドラマに出てくる味噌チゲだわ♪
一度食べてみたい♪

いつか絶対に韓流へ行こう~
その時はいろいろ教えてくださいね♪

林 寛子さんも見かけたんですか!
えっ~ラッキー!ですね~
韓国のりって美味しいですよね。。
やっぱり韓国に行ったら買い物したいですよね♪

楽しい旅でよかったですね~
もう疲れは取れましたか?
無理なさらないでくださいね(^_-)-☆
[ 2007/10/09 20:48 ] [ 編集 ]
韓流食わず嫌いの私でしたが はなこさんの旅行記を読んで 韓国に行ってみたくなりました。
飛行機でたった二時間ですもんねえ。

先日、帰国した娘を見送りに成田へ行ってきました。
帰りは一人だったので ケチって二時間もかけて横須賀線で帰ってきた私です。
[ 2007/10/10 07:19 ] [ 編集 ]
v-280hesbyさん、こんばんわ~
楽しかったですよ、韓国も。
お嬢さんが帰国していらしたのですね。
e-3537~8時間かかるのでしょうか?

出発は帰りもですが、羽田からでした。
わたしは連絡バスで行きました。羽田は1時間、成田まではバスで2時間かかるかしら。

またどこかに行きたいな~。
[ 2007/10/10 22:26 ] [ 編集 ]
またの日に。
v-280yumiさん、こんばんわ~
もう、私のペースにすっかり直りましたよ。
ご心配ありがとうございます。

yumiさんのおっしゃるとおり、自分のペースに戻して
日常に帰るって大事ですね。

また、行きたいですね~。
いつか行くわ、絶対に!
[ 2007/10/11 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索