FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

五色沼と大内宿を訪ねる 紅葉の旅

今年は紅葉がいいと便りを聞いていましたので、楽しみで出かけました。
「さくらはうす」の一泊の遠足でした。

行き先は磐梯五色沼と江戸時代の家並みが残る大内宿(宿場町)です。
もう35年位前に、五色沼も観光で、磐梯もスキーで訪れて以来です。

写真を沢山載せて少しうっとうしいですが、足腰弱って出かけられなくなったとき
思い出として、机上で楽しもうと思っていますので、ごめんなさいね。

会津磐梯山
バスの車窓から磐梯山を望む。

五色沼1
明治21年(1888年7月15日)、磐梯山が大噴火を起こしました。
その時、大小約300もの湖沼群が出来ました。

噴火から100年以上経った今、森の緑はよみがえり 湖沼群が点在する
現在の美しい裏磐梯高原になりました。

湖沼群のうち桧原湖、小野川湖、秋元湖にはさまれて 点在する 大小40あまりの湖沼群を
総称して五色沼と言います。

湖の色にご注目
五色沼2

五色沼の沼の色がそれぞれに違うのは、磐梯山噴出の時に噴出された鉱物質の溶け方や
陽光があたった時の屈折率の違いだそうです。
水中植物の影響などもあるようです。
又、見る角度や、時間、季節、天候によっても 水の色が微妙に違って見えたりするそうです。

ヒスイ色の湖色が印象的でした。

五色沼3


五色沼4

五色沼5

五色沼6


「美しい、きれい!」と言うほか、言葉が無いくらいの紅葉の磐梯レークラインを通って
この日は、中ノ沢温泉 白城屋に一泊しました。

二日目は、猪苗代湖を車窓から眺めながら鶴ケ城~大内宿へと巡りました。
鶴ケ城
鶴ケ城

大内宿
大内宿
今は、食堂やお茶屋、お土産やになっています。
かつては、旅人達が行き交わったお宿であったのですね。
萱葺き屋根の古民家がとても美しい。

三澤屋
バスの運転手さんに教えられて、長ねぎ一本が入っているお蕎麦が名物に
なっているという「三澤屋」で昼食。

蕎麦
う~ん、お葱はやっぱり切って頂きたーい。
大根おろしとかじったお葱で、胃はびっくり仰天!でした。
「話の種よ、話の種。」と.......。

塔のへつり
塔のへつり
大川(阿賀川)が百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果出来上がった見事な景観です。

つり橋
ぎしぎしとゆれるつり橋を渡って(お~、恐~い)川面近くまで行くことができます。

"へつり"とは、川岸が切り立った崖となっている所の事を言います。
また、釣り人などがこのような場所の少ない足場を頼りに
川沿いなどを進む事も「へつりをする」と呼ぶそうです。

もみじ
もみじ

実際は、もっともっと紅葉が綺麗で綺麗で、このもみじのような風景
ばかりでしたのよ。

こうして帰ってきましたら、家ではおでんを煮ていった土鍋がおこげで真っ黒になっていました。
コーヒーメーカーも保温が一日中ついていて、おこげる寸前だったとか。
火事さえ出なければ、多少のことはお許しいたしましょう......

 [ 2007/11/01 22:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(9)
お帰りなさい!!
五色沼だったんですね。
とてもキレイな紅葉で、うらやましい。
中学のころ、五色沼に行きましたが、その年でもいいところと記憶にありました。
やっぱり今も素敵なところですね。
先日、亭主に五色沼はいいところと話したばかりでした。
楽しい旅の写真、ありがとう!!
[ 2007/11/02 00:16 ] [ 編集 ]
おかえりなさ~い!

すばらしい紅葉や、五色沼、大内宿、すばらしいですね。まんま1本のネギ入りおそばにはびっくりです。

美しい写真、楽しい旅の様子に感謝です。
[ 2007/11/02 09:44 ] [ 編集 ]
おかえりなさい
もみじ、きれいですね~。
緑から赤へのグラデーションが素敵です。
帰って来た後の、お家の惨状に笑いました。
いずこも同じですね~。
[ 2007/11/02 13:43 ] [ 編集 ]
昔も、今も変らぬ自然ってすごい!
写真とっても素敵ですね。
私も、はなこさんと同じくらい前に旅しました。
紅葉真っ盛りの磐梯山に登りました。
その時の写真は、白黒でした。
本当にきれいに撮れている写真ですね。
大内宿は、いつか行って見たいな~と思っていました。
素敵な旅でしたね。
[ 2007/11/02 17:44 ] [ 編集 ]

(^‐^)お帰りなさい!(^‐^)
五色沼、紅葉と沼との色のコントラストが 
綺麗ですねぇ~!うっとりです。
塔のへつり 人間があんなに小さく見えて
雄大な景色ですね。
綺麗な写真ありがとう!(o^‐’)b
[ 2007/11/02 18:50 ] [ 編集 ]
地酒「春高楼」は最高!
こんばんわ。
五色沼・大内宿・塔のへつりと中の沢温泉。
なかなかよい観光コースですね。
吾輩もこのコースは旅しましたが、中の沢温泉は
宿泊したことはありませんでした。
この温泉は「会津の湯治場」で有名ですね。
(羨ましい! v-292

お土産の地酒「春高楼」有難うございました。
荒城の月と関係があったのですか?
サラッとしたお酒の味で、吾輩の好みにピッタリ。
紅葉見物をし、中の沢温泉に泊まり、地元の料理と
地酒「春高楼」を味わってみたい気持ちになりました。
(吾輩、極楽とんぼで困りますよ! 反省?)
              v-476 

(蛇足)
はなこさんの旅と同じ日に、吾輩は立山の新雪と
黒部のトロッコ電車の紅葉観賞の旅(1泊2泊)を
楽しんできました。
(余分なコメントですね。失礼! 笑い)




[ 2007/11/02 21:09 ] [ 編集 ]
ただいま~
v-280お花大好き!さん、こんばんわ。
磐梯は、朝12度になっていましたよ。
暖房が恋しい温度ですね。
紅葉の季節柄、観光客で賑わっていました。

私の写真など、ありがとうなんて言って頂く類ではなく
恥ずかしいです。

v-280popoさま、こんばんわ。
実際はもっと紅葉が目にしみたのですが、写真ですと緑がまだまだ多くて
感動の紅葉写真は、撮れていませんでした。
ブログと一緒で、まだまだ初心者でございますv-394

お蕎麦は美味しかったですが、葱一本丸のままが好きな動物は
他に居そうな気がしましたよ。

v-280kayさん、こんばんわ。
出かけてくると、いつも動物野放し状態になっていますのよv-393
これをいつもの自分のペースに戻すことが、旅疲れをとることにもなります。
自分の生活スタイルを守ることは、元気の元になるかも知れませんね。

kayさん、風邪引き、よくなりましたか?
お大事にね。

v-280五月さん、こんばんわ。
こうカラー写真が当たり前の時代になりますと、セピア色の写真は、
なにか言いたげに見えます(伝えたいことがあるといっているように)ね。
わたしも若いころは、山行も沢山しました。
結婚した相手が、スキーも山もしない人でしたので
すっかり遠のいてしまいました。

自宅辺りの紅葉は、後2~3週間くらいかかるかしらね。

v-280コアラさん、こんばんわ。
「旅行は体力もいりますので元気なうちに」と、思ったことがありました。
日光の階段とか山寺の頂上までとか...。

ブログを見てくださる方には、写真しかお土産ができませんので、
写真を撮るの、上手になりたいですね。
褒めていただき、ありがとうございますv-424


v-280e-235たろうさん、こんばんわ
地酒、春高楼は荒城の月の作詞家「土井晩翠」が会津若松城で、詞を構想したとされたことから、この名が付いたらしいです。
町おこしでしょうか?

立山の紅葉も見てみたかったです。
黒部の秋もよろしいでしょうね~。
ここも若い頃に、スキーに行ったことがありますが
冬は暗くて、カラー写真もセピア色のようになっていたことを
今、思い出しました。

e-235太郎さんのブログ休暇も長いですね。



[ 2007/11/03 01:53 ] [ 編集 ]
素敵な風景をありがとう!
はなこさんへ
 お帰りなさい、素晴らしい風景を堪能しました。
私も、20年前に、地元の方のご案内で、当地を訪ねたことがあり、思い出しながら、拝見しています。
 宮島から戻りましたら、再度、湯つくり拝見します。
11日から、1泊で松本の浅間温泉に行き、安曇野方面に旅してきます。美味しいお蕎麦も食べてきます。
 会社のOB・OGの忘年会です。もう20年も続いています。
[ 2007/11/03 15:01 ] [ 編集 ]
お羨ましい~
v-280こうちゃんさん、こんばんわ。
いいですねぇ、素晴らしいリタイア生活で、お羨ましい限りです。
そんなにお忙しかったら、賞味期限なぞ、無いと一緒ですよ。
ずっと、賞味期間です。

お元気で行ってきて下さいね。
寒くなりますので、風邪にお気をつけて下さい。
[ 2007/11/03 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索