FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋
きりたんぽ鍋5
(鶏肉、牛蒡、セリ、椎茸、豆腐、白菜も少し、白滝など....味付けは醤油、酒、味醂、出汁、昆布など)

秋田県の郷土料理のきりたんぽ鍋をつくってみました。
食べるのも、作るのも初めてなんですが、いつかTVで見ましたので作り方は
大体は分かります。

きりたんぽ1
熱いごはんをすりこぎでつぶしているところです。
つなぎを使わずにうるち米(いつものご飯)だけでつくります。
炊きたてのご飯を、ご飯つぶが半分残る" 半殺し"につぶし、簡単に丸めてから
串(割り箸)を挿し巻いて形を整えます。

きりたんぽ2

1本1本丁寧に握ってつくるのがコツ。
串に巻いたご飯を何度も握り、
幾度も転がして締まりをよくする─。
そして、軽く焼きました。

きりたんぽ3

途中、お腹が空いたという人があらわれて......一本お味噌をぬって差し上げました。
これって、五平餅って言うんじゃない?違います?

きりたんぽ4

kiritannpo



はい、できあがりよ。
これを、お鍋にいれます。
1Cのおコメで2本つくった大きさでした。
友人にして、昨日干し柿を頂いたお返しに半分差し上げました。
お仕事の帰りに寄ってもらいました。
今晩はまだ何にも用意していないと言って、喜んでいただけました。牛蒡もおまけして...。

ローカルな食べ物だった「きりたんぽ」は、
昭和36年の秋田国体をきっかけに、
秋田の郷土料理として全国に広まったらしいですね。

煮崩れないように作るのがコツらしいですが、この通り、煮崩れませんでしたよ。
せりと鶏肉があ~、美味しかった。
秋田県の方~美味しかったよ、きりたんぽ鍋。



 [ 2008/01/19 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(3)
こんにちは。きりたんぽ作ったとはすごいまめですね。
いつも市販のきりたんぽ買ってきて鍋に入れます。
ほんと作り方五平餅みたいですね。

学生時代秋田の男鹿半島の友人がいましてよくいただきました。
息子達はこの鍋にするとご飯はいらないといいます。
そうですよね御米です物ね。
写真見てたら食べたくなってしまいました。
真空パックのきりたんぽあるので近いうちにしようかな?
(^0^)/~~see you again!

[ 2008/01/19 14:24 ] [ 編集 ]
はなこさん こんばんは~

凄い!「きりたんぽ」まで手作り~
それも綺麗な形で凄いな~
焼いてる写真見ながら、このままでも美味しそう~と
思ってたら、おみそをつけて食べた方がいたんですね~

煮崩れしないんですね。
美味しそう、食べたくなったわ~~
[ 2008/01/19 18:07 ] [ 編集 ]
v-278misaさん、おはようございます
そうよ、これがご飯になるのよ。
ご飯茶碗一杯になりますから、大きいかな。

ここのところ、ご飯が残ったら、杵で半つぶしして
フライパンでやいておきます。

あるもの(金平とかハムとか)はさんで、モスバーガーのライスバーガーにしていますよ。
わたしのお昼です。

v-278yumiさん、こんにちわ
そう、昔はよくやったけど(子ども小さい時)
この頃又やりたいな~って思っているの。
働いていないし、作るの好きだから。

後作りたいのはマフィンかな。
買っていたパン屋さんが閉店してしまったから。
仕方なく時々手つくりしようかなと思っています。
[ 2008/01/20 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索