FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

母 永眠する

2008年1月22日に母が永眠いたしました。
94歳でした。長生きしてもらえて、幸せでした。

高齢でしたので26日、27日に家族葬をして、優しく穏やかだった母を見送りました。

  母のカサブランカ母が若い頃に菓子の木箱に描いたカサブランカ

  私のカサブランカ  私が描いた庭のカサブランカ

父がひとりで実家にいるため、母が亡くなってから一週間兄弟で代わりばんこに泊まっていましたが
父も、これからの生活の過ごし方も見えてきましたので、いつもの普段の生活に戻ることに
しました。
父はこの3年半毎日母を見舞ったので、母が逝った時は、副えが無くなったようで見るのも
辛かったですが、なんとか「100歳まで頑張る。」と言って強がる元気も出て参りましたので
安心して帰ってきました。

母が逝ってしまった思いはいろいろですが、
これからは、空に、またそれこそ千の風になって、わたしが母を思い出すときはいつも
側に降りてきてくれると思っていますので、私もまた今までと同じように元気でやっていこうと
思っています。

カサブランカ絵

母が入院中に私が描いた絵手紙。
母が私たちに、何かを教えたということはあまり記憶にありません。
いつも、わたしたちの言うことを受け止めて話を聞いてくれた、世界一のカウンセラーだったと思います。

ありがとうね、お母さん。


 [ 2008/01/31 18:16 ]  | TB(0) | コメント(10)
お母様、そうだったんですか。
残念でしたね。
いつも優しいはなこさんがお側にいて、お母様もお幸せでしたね。

お母様も絵がお上手で、はなこさんもお上手で。
どちらもステキなカサブランカです!

どうぞ、お母様、やすらかにおやすみくださいね。

[ 2008/01/31 21:58 ] [ 編集 ]
お母様のご冥福をお祈りします。

92歳長生きされて良かったですね。
はなこさんも入院中お母様の傍にいられて
お世話もできてお母様はとても幸せだったと
思います。。
これからもお母様は、はなこさんを優しく穏やかなに
見守っている事と思います。
[ 2008/01/31 22:58 ] [ 編集 ]
はなこさんへ!
夜分遅くに訪問しコメントお許し下さい。
やはりね。お母様お悪いとお聞きしてましたし更新途絶えてましたのでなんとなくそうじゃないかなーと思ってました。
お母様のご冥福をお祈りします。カサブランカの絵とってもお二人ともお上手ですね。
お母様が描かれた絵。お菓子の木箱にですか。
何となく情緒ありますね。それを大事に取ってあったのも感動しました。
94歳でしたか。いくつになっても親は親。別れは寂しいです。お父さんはお父様なりの言葉には言えない寂しさがおありだと思います。
夫婦には歴史がありますものね。でもきっとお母様が見守ってくださり寂しくさせないようにしてくれますよ。
お父様百歳とおっしゃらずにもっと長生きしてほしいですよ。
でもお母様も穏やかなお顔で逝かれたとのこと・・
安らかな大往生だったのですね。
はなこさん!お母様はこれからもきっと心に生きてますね。ずーと優しいカウンセラーですよ。
御身体ご自愛くださいね。
では(^0^)/~~see you again!
[ 2008/02/01 02:05 ] [ 編集 ]
ご冥福をお祈りします
お母様は お幸せな人生だったのでしょうね。
はなこさんのお人柄を見れば、素敵なお母様だったのだと想像しております。

実家の父が 母に先立たれた時 一体どうなることやらと兄妹で心配しましたが、父はしっかり受け止めて 立ち直りは早かったようです。
今、想えば 子供達の前で心配させまいと 逆に気を遣っていたのかもしれません。
どうぞ これからも お父様をお大事にしてあげて下さいね。
もちろん、お母様も見守っていて下さる事でしょう。

ご家族皆々様、お疲れがございませんように。

[ 2008/02/01 09:30 ] [ 編集 ]
お疲れが出ませんように・・・
はなちゃま、お母様のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。

優しいご家族に見守られて、お母様、お幸せだったと思います。94歳だったのですね。
お寂しいことですね。逝く年齢に関係ありませんもの。

お心おとしと思いますが、お疲れが出ませんようにとお祈りいたします。
[ 2008/02/01 09:30 ] [ 編集 ]
お母様のご逝去を悼み、お悔やみ申し上げます
寒い日が続いたのでお体にこたえたのかしら
残念でしたね、さぞがっかりされた事とおもいます
でも心の中に何時までも思い出とおもに生き続けて
おりますから、元気をだしてください
お母様を見舞ったように、今度はお父様の処に時々
行って話し相手になってあげてくださいね

まだ寂しさは消えないとおもいますが
無理をせずに、お体に気をつけてください
再会をたのしみにしております。
[ 2008/02/01 10:35 ] [ 編集 ]
お母様のご冥福 心よりお祈りいたします
早くお元気になられて 大勢の人が、楽しみにしているブログの投稿、お待ちしています。
今日の、パソコン教室 先生、生徒各二人、寂しい授業でした。  お出でになられる日を、おまちしています。
[ 2008/02/01 16:25 ] [ 編集 ]
みなさま、ありがとうございました。
v-280お花さん、こんばんわ。
稲城大橋付近で、わたしを思い出してくださりありがとうございました。
お花さんと同じ、ママさんはいない人になっちゃった。

母を通して「老いること」をたくさん考えることができました。
何時だったか、お花さんに教えていただいた尊厳死協会が
身近なものになりつつあります。
ありがとう。

v-280yumiさん、こんばんわ。
病院に移ってからは、体力も衰えて母も辛かったと思いますので
(1年8ヶ月の間、水と食事は口に出来なかった)
亡くなった時は、やっと開放されたかもしれないと考えるといくらかの安堵もあります。
だから、うんと悲しいのとは違うのですが、夕空を見上げると少しセンチメンタルな気持ちになります。

v-280misaさん、こんばんわ
いつかのmisaさんのコメントで、敗血症になってから30日で母様が亡くなったと書いてくれたのを覚えていましたので、そんなに長くないことは分かりました。
老衰のように、授けられた命は皆この世で使い果たして立派に逝ったと思います。

そう、今度は父を支えてあげなくてはね。
この人がまた、91歳の老人とは思えないくらいしっかり者なんですよ。
メールもできますよ。

v-280hesbyさん、こんばんわ
心配をおかけしましたね。
そうですね、今度は父を気使ってあげなければね。
それは、夫婦は親子とは違いうんと寂しいでしょうね。
ショックのうちで、ストレスの一番大きいのは伴侶の死と何かで読みました。
頑固な父が妙に小さく見えました。

v-280popoさま、こんばんわ~
はい、ありがとうございます。
大丈夫です。
「しかたないこと」と、徐々に少しづつ心に折りたたんで
心の準備もしていましたし、兄妹が多いのに随分助けられました。
母が、5人も産んでくれたお陰です。

v-280tomikoさん、こんばんわ
tomikoさんに、「できるだけ見舞ってあげて。」とアドバイス頂いて、頭の隅にありましたことが力になりました。
ありがとうございました。
そのときどきに出来ることは、ほぼやって来れたことは
幸せだったと思います。
いろいろな事に感謝しています。

v-280えくぼちゃん、こんばんわ~
毎日寒いですね。
今日は友人に、「町の温泉に行こう」と誘われて、そちらの方へたなびいてしまいました。
つまり、休みついでのさぼりです。
来週は行きますよ、もう、2月になってしまいましたね。
えくぼちゃんも、ブログ仲間になりましょうよ。

[ 2008/02/01 23:40 ] [ 編集 ]
はなこさんへ
ブログでお母様の記事を拝見していましたが
今般、お母様ご逝去の報を知り驚きました。
いつまでもお元気で長生してくださるものと
思っておりました。
在りし日のお姿を偲び、心からご冥福を
お祈りいたします。
お父様は元気のようですので、はなこさんの
気持ちのこもった親孝行を待ちわびているのかも
しれません。
寒さ厳しいおり、お身体には充分ご留意して
ください。
[ 2008/02/02 18:58 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
v-280さくら太郎さん、こんばんわ
ありがとうございます。
とうとうその時を迎えてしまいましたが、仕方ありませんね。
来週は又講座に出ます。
結構長く、休んでしまったわ~v-436
またよろしくお願いいたします。
[ 2008/02/02 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索