FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

義妹と

私の義理の妹は今はもう日本国籍を取っていますが、お国は台湾の方です。

私の町に、お国の台湾料理のおいしいお店があるので連れて行ってあげたくて
2年ぶりくらいに会いました。
お昼をそこのお店でしてから(写真をとるのをすっかり忘れていました。)
季節のおひなさまが展示してあるところがあるので、そこへお雛様を見に行きました。

お雛様の緋毛氈の赤い色は、幼いころのいろいろなことをなんと沢山思い出させてくれるのでしょう。
賑やかなお雛様を見た後、この展示場の側の美術館の喫茶店で、
外を見ながらひと休みをしました。

彼女との話しの中でいつも、彼女がうっすらと目に涙をにじませる話しの場面があります。
ことさらそれについて追いかけることはしませんが、異国での彼女の苦労は想像できぬくらい
あったことは
想像できますので、いつもそれを乗り越えてきた彼女の大きさに感心と尊敬を持って
はなしを聞き入ります。

この春には、一人娘(私の姪になります)も卒業して選んだ仕事につきますので
23年の日本暮らしにもひと節目がつき、自分のゆとりも持てると来る春を心待ちにしておりました。

私とひとつ違いのこの義妹の健康を祈って、
「また、会いましょうね。」と、約束してお別れしました。
私が家に着く頃、メールで一日を楽しんだというコメントが来ていました。

縁あって日本に嫁いで来て、わたしの妹になった人です。
人の縁は、地球広しこんなところに赤い糸が繋がっていたとは、若い頃には
思いもよらないことでした。
大事にしなくてはと、思った一日でした。

ひだまり荘のお雛様
ひだまり荘お雛様


晩御飯
メンチカツ野菜添え メカブポン酢 味噌汁 ご飯 白菜漬け
menntikatu


追記
つるし雛のひとつひとつには意味があるそうです。ちいさいですが、読めるかしら?

つるし雛の言われ
ぎりぎり.....だわね

つるし雛 つるし雛
 [ 2008/02/17 07:00 ]  生活 | TB(0) | コメント(6)
義妹さん異国の地に来て色々なことがあって大変だった
でしょうが、今は幸せでよかったですね
縁とはいなものと言いますが、人類皆兄弟ですから
大事にしたいですね

忙しくてお雛さんまだ飾ってませんでした
私も今日飾ろっと~~
[ 2008/02/17 10:55 ] [ 編集 ]
はなこさんへ!

お義妹さん優しいはなこさんという理解者がいて心強いでしょうね。聞き上手・・そこが大事ですもの。
お国柄の違いもあるでしょうが要は心が通えば通じるものありますものね。

お雛様日本の和ってかんじいいですね。
女の子は憧れますもの。最近では吊るし雛も多くなりましたね。
ちりめんで一つ一つ心こめ作った母の気持ち親から子に
つたわっていきます。大事にしたいお節句・
灯りをつけましょぼんぼりに♪♪
童心に戻れます。(^0^)/~~see you again!
[ 2008/02/17 14:11 ] [ 編集 ]
はなこさん こんばんは~

義妹さん苦労してきた方なんですね
はなこさんに聞いてもらえて心が救われる思いだと
思います。苦労はできるだけしたくはないけど、、つらい思いをしてきた分、他人の痛みをわかる暖かい人だと思います。苦労も自分が生きる上で決して無駄なことではありません。苦労をしてきた分、これからは沢山幸せになって欲しいですね。義妹さんに幸せのシャワーがたくさん降り注ぎます様に♪

つるし雛、可愛いですね。
先日、町田の友達につるし雛を教えてくれるとこが
あるんだよ~と写真を送ってもらいました。。
やっぱり可愛いですね~
去年だったかな~河津のつるし雛を思い出しました。
ほんとに可愛いですよね。。
[ 2008/02/17 18:03 ] [ 編集 ]
v-280tomikoさん、こんばんわ
人類皆兄弟........いい言葉ですね。
しみじみとかみ締めました。

お雛様の屏風を作っています。
できたら、わたしもアップしますね。

v-280misaさん、こんばんわ
感じるこころは、みんな同じ。どこの人もね。
義妹がとても大人であるのに、いつも感動します。

つるし雛は、今流行なのでしょうか?
2~3年前に、稲取りのつるし雛を見に行きましたよ。

v-280yumiさん、こんばんわ
お祈りをありがとうございます。
20数年前、台湾は危機にあいました。
お金のある人たちは、生き延びようと海外に出て行きました。
義妹もそんなひとりだったのかもしれません。
あちらにいたら、お姫様のような暮らしだったでしょうに日本に来て苦労しました。
でも今ある事を、それはそのまま誰のせいにするではなく、受け入れている妹の姿を見ると、尊敬の念にかられます。
毎年、実家のお母様や妹さんが訪れてくれるので、安心です。
歴史に翻弄されるという人が本当に居るのです。
日本で暮らしていたら、分からないことです。

[ 2008/02/17 20:39 ] [ 編集 ]
はなこさんへ!
つるし雛今流行というより昔からある伝統工芸ですよ。
調べたら九州柳川地区ではさげもん。
山形酒田地区では笠福。
伊豆稲取地区雛の吊るし飾り(つるし雛)

それを各地でも見直され各家庭でもつくるようになったようですよ。私の地区でも作ってる人もいます。
ちりめんや七五三の着物の布で作る手作りいいですよね。
(^0^)/~~see you again!
[ 2008/02/17 22:34 ] [ 編集 ]
misaさん、再度ありがとう。
私の注目が最近だったのね。おばかさんね。あはは。

つるし雛の小物には、それぞれに意味があるそうですね。
写真を撮ってきていたので、追記しました。
わからないことは、すぐに調べて偉い!です。
物知りになれますね。
見習います。ありがとう。
[ 2008/02/18 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索