FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

母の月命日

22日は、母の月命日でした。
母が亡くなってからたった30日あまりしか経っていないのですが
もう随分前の出来事のような気持ちがするのは、なぜだろう?と、思います。

母が実家に居れるのも、納骨までのあとわずかばかりの日になりますので
実家にいる母にお線香をあげてと、会いに行きました。
遺影の写真はにこやかに笑って
昔のように「まぁ、あなたに会えるなんて夢のよう...。」と言って、迎えてくれるようでした。

妹も来ていました。
私たちは、まるで娘になったような軽い口を叩きながら
短い時間を過ごしてきました。
父も娘達が帰ってきたようで、賑やかしかったと喜びました。

これは、碑文谷彫りを始めた頃の母の作品です。
いらなくなった空き箱に絵を描いて、軽く彫ってあります。
向かって左はドクダミが彫ってあり、普段は印鑑いれに使っています。
右はふくら雀。裁縫道具が入っています。
箱の横にも柄が彫ってありますが.......。撮れませんでした

母の箱絵


わたしは幼い頃から寝転がって、浮かんでは消えていく雲を見るのが好きでした。
青い空を寝転がってを見ていると、あっという間にとてつもないほど大きく、果てなど無いほどの
深い宇宙に吸い込まれていくようで、好きでした。

今でも寝転がって空と向き合うと、この世のごちゃごちゃを全部引き受けてくれるような
安らぎを覚えます。

雲


母が亡くなってからも、空に向かって
「お母さーん、何処に行ったのー?」と、何度聞いたことか......。



 [ 2008/02/23 07:00 ]  | TB(0) | コメント(4)
1ヶ月
はなちゃま、おはようございます。
お母様が逝かれてもう1ヶ月、当座は忙しさに紛れ、追われる日々ですが、寂しさが深くなる・・・そんな頃ですよね。
そんなはなちゃまにおかけする言葉が見つかりません。

はなちゃまのお母様、碑文谷彫り、始めた頃の・・とのことですが、すばらしいですね。
偲ばれるものがたくさんあって、いいですね。お父様との会話で、思い切りお母様のこと語り合ってください。

私も、空が大好きです。山あるきの時なども、時々空(雲)をとります。
本当に大きくて、こちらのこと、しっかり受け止めたり、さらっと流したりしてくれますね。

ところで、数日、月がとてもきれいでしたね。
寒い冬の夜空は、宝石箱みたいです。
[ 2008/02/23 10:05 ] [ 編集 ]
はなこさんへ!
22日とは語呂合わせいいですね。ふふですもの。
お母さんきっと安心して空の上から見てますよ。思い出されても寂しくさせないのはお母様がそうさせてくれてるんですよ。
碑文谷彫り私あまりなじみが薄くて疎くてコメントごめんなさい。
でも素敵だとはおもます。そんなお母様をお父様気とホコリにおもってたでしょうね。気丈さが伝わってきたお母様に感じました。

空と雲自然お美しさに吸い込まれそうですよね。子供の頃は雲に乗りたい。
綿菓子みたい食べたいくらいの発想でしたが今ではか考え見方も変わってきました。自然の素晴らしさ。
今日も富士山がかさ雲でしたが雲ではなこさん思い出だしました。
お父様はお子さん達が集まって賑やかにしてくれお母様を偲ばれてますね。納骨までお父様お母様とご一緒で一杯思いで話されてることでしょうね。
(^0^)/~~see you again!

[ 2008/02/23 18:50 ] [ 編集 ]
はなこさん こんばんは~

お母様が亡くなって、もう一ヶ月も経つんですね。
月日が流れるのは早いですね。
思いはそのままなのに時間は流れていくのですよね。

空、、、
いつ眺めたのかな~写真の空、いいですね~
白い雲が少しづつ変化していくのを見ていると癒されます。

お母様の碑文谷彫り、お上手に彫られてますね。
空箱に手を加えて愛情たっぷり♪
素敵な思い出の品ですね。
[ 2008/02/23 21:34 ] [ 編集 ]
v-280popoさま、こんばんわ。
夜は、シャッターを閉めてしまうとなかなか夜空は見ませんでしたが
見てみましょう。
昨日あたりは、おぼろ月だったような.......一昨日だったかな?

v-280misaさん、こんばんわ
碑文谷彫りは、昨年だったでしょうか?亡くなった女優の岸田今日子さんのおばさんに当たる方
(岸田今日子さんによく似たモダンなおばあ様でしたが、この方も随分前に亡くなりました)
が、考案して始まったものです。
先生が居住していた場所にちなんで碑文谷(東京都目黒区)彫りと名ずきました。
小さい世間でしか知られていないかもしれませんね。

まぁ、思い出していただいてありがとうございます。

v-280yumiさん、こんばんわ
そうそう、yumiさんのおっしゃるとおりですね。
想い出の品。
こういう作品を5人のこども宅に沢山残したのです。
妹の家には、一年シリーズで毎月掛けかえられるものがあると言っていました。
母もきっと一生懸命作ったのでしょうね。
今度兄弟に写真を撮ってもらって集めてみたくなりました。
[ 2008/02/24 02:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索