FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

梅しごと 4  びっくり? 袋で梅干を漬ける

お隣さんから採らせて頂いた梅で梅干を作りにかかりました。

この梅干つくりは、なんとジッパー付きの袋で、重石もなく梅をつけていく方法です。
一昨年、NHKの今日の料理でこのやり方を見てからとても楽ですので、以来
梅干は袋で漬けています。

今年は約7キロをつけました。塩は毎年8%で作りますが今年は12%で作ります。
梅の状態を見て、今年はホワイトリカーで焼酎洗いをする工程を入れました。

この作り方はちょっと驚かれますが、わたしは手軽なので今後もこのやり方で作っていこうと
思っている方法です。

①梅のアクを抜く為、5~6時間水に漬ける
    梅干つくり01


②ざるにあけて2時間ほどお日さまに当てて、水気をすっかり飛ばす。もしくは、布巾で拭く。
梅干つくり02


③ホワイトリカーで洗う(今年付け加えた工程)
梅干つくり03


④袋の中に入れて塩(10%)をまぶす
梅干つくり04


⑤一晩たったところ。日中時々袋を上下裏返す、重石はしなくても大丈夫です。空気は抜いた方が良い。
梅干つくり05


この後、塩もみした赤紫蘇を加えていき、土用明けを待って日に干していきます。


昨年の梅干つくりの記事です。参考に。
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-299.html
http://hana2526.blog77.fc2.com/blog-entry-325.html

☆おまけ
梅ジュースと梅醤油・・・5~6日たったところです。
梅ジュース、醤油途中経過

 
この梅ジュースの梅は、出来上がってもシワシワにならないと思います。
なぜかというと、梅にぐるりと包丁ですじの切れ目を入れてひねってから、漬けたからです。
ジュースもほどほどに飲めて、実も食べれるからです(シワシワだったら、すてるだけでしょ?)


追記
↑この袋で漬ける梅干の作り方は、料理家の藤巻あつこさんの考案です。
NHKのテキストは古いので、図書館で探せばあるかもしれません。

「NHKきょうの料理 2006年6月号」です。

梅干しつくりの大ベテランがたどり着いたのは、手軽な梅干の袋漬け。
「年齢を重ね、おもしの扱いが辛くなって」との思いから生まれたこの方法は漬物容器やおもしを新たに
よういすることもなく、消毒の手間も不要。
「梅干を漬けるのは、たいへんそうで・・・」「とりあえず少し漬けたい」という方にぴったりです。
と、ありました。



またまた追記 6月29日記
1、ジッパー袋は破れてきますので、初めから2重にするとよいようです。
  抜いた空気も戻ってきにくいです。
2、10日も経てば、すっかり馴染んできますので、日中の袋のひっくり返しはいらないように
  思いました。
  朝晩のひっくり返しだけ(2回)で、よいでしょう。あんまりいじっていると袋が破けるからです。
3、塩分ですが、いろいろの本を見てみると出来上がってから常温で保存するので最低14%が
  ぎりぎりのようです。
  8%で作った場合は、出来上がってからの保存は冷蔵庫がいいでしょう。





 [ 2008/06/20 07:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(9)
梅干を袋で漬けるのですね これだったら出来そうです 梅醤油 初めてです 体によさそうですね。

はなこさんの元気の秘密ですね。

色々プリントさせてもらい来年頑張ろう! 有り難うございました。

アスチルベ はなこさんの写真のお陰で描きなおす事が出来ました 有り難うございました。
[ 2008/06/20 07:54 ] [ 編集 ]
ペン皿に絵手紙を施してお礼状。
わぁ~素敵♪いただいたら感激しちゃう♪
はなこさんらしくて素敵です。
受け取られた方は、はなこさんの心遣いに
感激してることでしょう♪

アスチルベ、懐かしい花です。
最近みかけることが無くなりました。

「袋で梅干」!
はじめて聞いてびっくりですが、簡単なんですね。
場所もとらずにいいかもですね。。
この方法を考えた人は凄いわ~
[ 2008/06/20 09:14 ] [ 編集 ]
おはようございます。
カリカリ梅漬けて食べてます。皆さんにもこの方法だと簡単でいいですね。やってみます。
はなこさん梅博士みたい~いい。うふふv-221
アスチスベ我が家もピンク・赤などさきはじめましたよ。
このはなも私だいすきです。☆~~ヾ^-^) マタネッ♪
[ 2008/06/20 10:35 ] [ 編集 ]
元気いっぱいになる梅
はなこさん
こんにちは!
私の住んでいる青梅は梅の産地でです。
いつも「はい!ありがとう」といただいている梅も、
こうして手間暇かけて作って下さるのだと思うと、
ありがたみとおいしさが倍増します。



[ 2008/06/20 10:50 ] [ 編集 ]
梅仕事はこれで終わりですか
これで来年も、梅パワーで頑張れますね。

梅醤油は作ったことがありません
梅を醤油のなかにいれるだけ?

私もやっと梅干漬が終わりました。
[ 2008/06/20 16:13 ] [ 編集 ]
はなこさん こんばんは
梅ちゃんたちが次々とへんし~ん。
 
はなこさんの梅干しの作り方簡単ですね
 気力が私にみなぎって来たら作ってみたいです
 去年は小梅をつくりましたがどうも塩がおおかったみたいで、しょぱ~い。
パパさんは「小梅だから食べれるけど、大きい梅やったらちょっとしょっぱいな~」といってました

今度の定休日に梅ジュースつくりたいな~。。。


[ 2008/06/20 22:39 ] [ 編集 ]
追記しました
この作り方のテキストを追記にて書き加えました。
ご覧になりたい方は、テキストをご覧下さいね。


v-279ケイコさん、お早うございます。
私の記事は参考程度にして、自分のやり方を見つけてくださいね。
それが、あとあとの自分の知恵になると思います。

おほっ、絵を完成できたのですね、よかった!
後で見に行きますね~。

v-279yumiさんへ
アスチルベ、お花さんも見なかったと言っていますね。???
そうよ、簡単なのでおばあちゃんになって、やる気になったら作ってみてくださいね。
追記を読んでくださいね。

v-279misaさん、おはようございます。
misaさんのところ、梅が沢山ありそうですね~。
お茶請けタイプの梅漬け、おいしそうだったわ~
食べたいよぅv-395

v-279グランマバービーさん、お早うございます。
グランマさんの地域では今でも沢山の梅ができるのですね。
お羨ましい~です。
近くに柿の名前が付いた地域がありますが、住宅の開発で
めっきり柿の木は姿を消してしまいましたね。

毎年梅は、大事にいただいていますよ。

v-279tomikoさん、おはようです。
そうですが、後、紫蘇ジュースわ沢山作りますよ。
待っている人もいますので。

醤油漬けは初めてつくってみたのですが、素麺つゆに使ったらよさそうに思いました。
醤油より塩分が薄くなるので、醤油のように使うのだったら塩を足して
作ったほうがいいようにもおもいました。
試行錯誤の段階ですね。

や~、tomikoさん、記事にして~
お花だけが、tomikoさんの人生じゃないでしょ~
いっぱいあるではないの~
わたしは、これだけですよ~
お願いします。

v-279ルルキーさん、お早うございます。
ルルキーさんの人生は長い。
急がず、やりたい気持ちができたときがなんでもやり時ですね。

物事を習得する学習は
繰り返しの度数と精神の集中と動機付けといいますよ。

毎日お仕事、お疲れ様です。
おいしいパンを作ってくださいね。
いつか食べてみたいです、ルルキーさんのパン。



[ 2008/06/21 08:45 ] [ 編集 ]
はじめまして!
ブログ「もちつきうさぎ」のニーナと申します。
簡単にできる「梅干」の作り方を探しておりまして、お友達のyumiさん、misaさんのブログから遊びにきました。
梅干はお弁当にも重宝だし、自家製のものをつくってみたいなぁ~と思っていました。
とっても簡単に作れそうですね~。(^^)
これなら私にもできそうです!

また遊びに来させてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。(*^o^*)
[ 2008/06/22 11:53 ] [ 編集 ]
はじめまして、どうぞ宜しく。
v-279ニーナさん、はじめまして!
yumiさん,misaさんのところで、お名前だけは見ていましたよ。
この梅干の作り方で、分かりますか?
手軽なのでお勧めですが、出来上がるまでに袋が少し破れてきますからその点を気をつけてください。
でもそれは、あんまり気にせずで大丈夫です。大きく破れるわけではないですから。

こちらこそ、どうぞお宜しくお願いいたしますv-410

[ 2008/06/22 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索