FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

ひまわり

母の遺作 「ヒマワリ」の壁掛け です。  

   母の遺作ヒマワリ 50×50センチ

母が67歳の頃に描いたもののようです。
妹の家にあったものをケータイ写真に載せて送ってくれました。
まだまだ、妹のところには毎月架け替えて飾れるようにと沢山残してくれたようです。



   ひまわりペン皿
misaさんのブログに載ったヒマワリの蕾の写真から描かせていただきました。

NHK教育TVで、母(丸木 ヌマ)と娘(大道 あや)の画家二人についての番組(新日曜美術館)を見ました。
このお二人も、丸木 ヌマさんは70歳からほぼ十年、娘、大道 あやさんは60歳を過ぎてから
90歳を少し越えた頃まで
画家として絵を描いたたそうです。
遅咲きの画家としての人生でしたが、立派に何点もの作品を残しています。

女性というものは結婚してから20年は、子育てやら家庭人として忙しく暮らすことを余儀なくされるでしょう。
終われば、親の介護があったりとなかなか純粋の自分の時間というものは持てない人も
多いでしょう。

わたしの母も、還暦を過ぎてから碑文谷彫りに出会い生涯の趣味にしました。

大そうなものになろうという訳では、けっしてありませんが
私はまだその母の年齢にもまた大家の画家の年齢にもなっていないので、
まだまだ頑張りようによっては、趣味を育てていけるかもしれないと思いました。

もう、こんな歳・・・でなく、『まだまだこれから・・・』と、思いたいものだと感じました。



晩御飯
塩から揚げといろいろ野菜揚げ もやし炒め 味噌 ご飯など
塩から上げ

鶏の唐揚げと一緒に、パプリカ、茄子、しし唐、ハスなど、あるものを一緒に揚げ長ネギを散らします。
バミサコス酢を好みでかけていただきます。

ニンニクの丸揚げもしてみました。






すばらしい!
はなちゃま、おはようございます。
ヒマワリ2題、すてきですね~。

もう、こんな歳・・・でなく、『まだまだこれから・・・』
本当にそうですね。

気付いたときが一番のチャンス、そして、「今が一番若い」(これからの人生で)・・・そんな思いでいくつかチャレンジしています。

ところで、和紙仕様のペン皿や、白い箱など・・100均で探しますが、見つかりません。
近くの「ダ*ソー」と言うお店ですが・・・
[ 2008/09/08 07:16 ] [ 編集 ]
おはようございます。
ヒマワリの開く瞬間の写真はなこさんが描いてくださり
光栄です。感激しました。
お母様ほんと絵が上手でしたね。はなこさんそんなお母様のいいところをいただいたようですね。
素敵な尊敬すべき師でもありますね。
まだまだこれからこれから年齢に関係ないですよ。
片岡球子さんは100歳くらいまで描いてましたからネーえ。趣味があるってことはすばらしいことです。
才能まだまだ開花しきれないのでは・・・
p(*^-^*)q がんばっ♪ってくださいね。
[ 2008/09/08 09:03 ] [ 編集 ]
おはようございます。
還暦を過ぎてから碑文谷彫りに出会い
生涯の趣味にしたとは素晴らしい
お母さんの生き方でしたね。

67歳の「ヒマワリ」の作品。
ヒマワリの花が・・・・
「元気で生きているよ!!」と
訴えているように見えます。
素晴らしい作品ですね。



[ 2008/09/08 10:56 ] [ 編集 ]
こんにちは お母様の向日葵の作品 ゴッホに負けないくらい素晴らしい作品ですね。          

misakoさんと同じで親子2代の才能 やはりはなこさんもただものではないですね 私の目には狂いが無いと思いました。

向日葵の蕾 初々しくて 若い葉っぱの匂いまでしてきそうです。

私もテレビ見ました 遅咲きの画家もいるのですね 私達の憧れですね。

絵はやっぱり固定観念から脱け出さなくてはいけませんね 伸び伸び感じたまま素直に描く 自分らしさを失わない事ですね。

還暦を過ぎ最近少々落ち込んでいましたが まだまだこれから 忘れないようにします 元気になりました有り難う 夕食もご馳走様でした。
[ 2008/09/08 13:09 ] [ 編集 ]
いつもながら美味しそうな夕飯ですね~
ご馳走様~

お母様も良い趣味に出会えて幸せだったことでしょうね。
趣味をはじめるのに年は関係ないと思います。
やりたいときが何とかで・・・

趣味があるのは幸せなことですよね。いまさらながらそう思います。
[ 2008/09/08 22:31 ] [ 編集 ]
皆さまへお伺いできず、すみません
ただ今、余裕がなくブログを回ってコメントを残せません。
私ものんびりやって行きますので、こういうときもありとご理解いただければ有難く思います。

v-280popoさま、こんばんわ
そうなんです。家の周りにも何店ものダイそウがありますが、置いてあるものがまちまちです。
ペン皿や無地の箱は、小さなお店にはなかなか無く
一番大きなお店で時々あるという程度です。
私が買い占めているわけではありませんよ、popoさま。
うぷ。

v-280misaさんへ
misaさんの蕾のひまわりの写真良かったです。
描かせていただきありがとうございます。

開いているのも描きたいのですが、今、スランプに入ってしまってだめですね。
でも、そのうちに・・・・また。

v-280ほんさんへ
絵もとってもお上手なほんさんに褒めていただき
喜んでいるでしょう・・・。
いろいろな心配事や苦労もあった母でしたが、多分
絵を描くことで癒されていたのかもしれません。
80歳を越えたら、作品を子ども達に手放していました。

v-280ケイコさんへ
あやや、ケイコさん、楽しいコメントをありがとうございます。
ケイコさんのひと言ひと言に師匠を感じます。

カラっとした暑い日でしたね。
一時間ほど散歩をしました。
「いろいろなことは大気の中から教えてもらいなさい。」と言った漢方医のことばを思い出したからです。

v-280misakoさんへ
misakoさんは、お父上さまが絵を描かれていましたね。
不思議ね。
楽しく描くことが一番ですね。
misakoさんやケイコさんのようにね。

[ 2008/09/09 19:08 ] [ 編集 ]
はなこさん こんばんは
最初に「あれ、いつものはなこさんの作品と違う」と
思ったらお母様のでした

すばらしいですね
いつのことを楽しくできるって。
 
ちょっと、今の私には余裕がないですけど。。。
[ 2008/09/09 22:46 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ふたつのひまわり、とても素敵ですね。
それぞれの味わいがあります。

ところで、碑文谷彫りというのは、目黒区の碑文谷なのですか?
それとも、どなたかのお名前かしら?

ゴーヤですが、いろいろなお野菜と一緒にかき揚げにすると、おいしいと聞きました。
下ごしらえは、ゴーヤチャンプルと同じでした。
まだ、試していませんが、近所の地場野菜を売っている方に聞きました。
[ 2008/09/09 23:41 ] [ 編集 ]
おはようございます。
スランプ??体調がお悪いの出なければいいですが・・心配です。気が向いたときお描きください。
お母様が見守っていてくださってますよ。
☆~~ヾ^-^) マタネッ♪
[ 2008/09/10 09:10 ] [ 編集 ]
v-280ルルキーさんへ
そう、女の人は結構いそがしいもの。
パン屋さんもあり、それはそれでまた、羨ましい忙しさですね。
ルルキーさんはお若いからま~だま~だこれからですよ。


v-280お花大好き!さんへ
碑文谷彫りは目黒区の碑文谷が発祥の地です。
以前に書いたことがありますが、碑文谷彫りの発案者は
女優の故岸田今日子さんのおばさんにあたる方でした。
中々モダンな方でしたよ。
今日子さんもおばさんの先生も、亡くなってしまいましたね。昔のことになってしまいました。
私は幼い頃、この辺りで育ちました。

ゴーヤはいろいろにアレンジされるようになりましたね。
もうすっかり、ポピラーな野菜になりましたね。

お花さん、またブラシの花がさきましたよ。

v-280misaさんへ
わたしは、気苦労つかれですね。
もしかしたら、痩せられたかもです。
それで調度いいくらいですから、心配はないですよ。
ご心配ありがとう。
[ 2008/09/11 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索