FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

中国への旅(上海、蘇州、朱家角、北京周遊の旅) 1

この頃の海外旅行はめっぽう安い。
一度は行って見てみたい中国への旅へ(万里の長城に行ってみたい)5日間の急ぎ旅をしてきました。

上海(車窓から)
 中国1

上海の空気は湿度高く、空もどんより
街は流石の国際都市、どこも延々と高層ビル群でびっくりしました。
上海は中国の経済の中心地。

朝の上海の街(車窓から)
 中国4 中国5

中華航空機内検疫(上海到着時)  成田から3時間20分のフライト時間
 中国2 中国3

上海空港の上陸前に新型ウイルスの機内検疫を受けます。
日本でもやや下火になりつつあった新型ウイルスですが成田空港では、もうマスクしている人を
ほとんど見ませんでした。
"喉もと過ぎれば熱きを忘れる”だったのでしょうか?
わたしと友人は行き帰りとも機内ではマスク着用。自分の身は自分で守るしかありませんから・・・

2日目、蘇州観光
清の時代を代表する中国4大名園のひとつで世界遺産でもある
 留園  
留園は400年も前の明の時代に最初に造られましたが、後に改築され清の時代の代表的な庭園とされます。
時代を感じさせてくれる静かな個人庭園。四大庭園のうち2番目に大きい庭園。
石畳の小さな石のひとつひとつまで丁寧な手が入っていました。

 中国6留園 中国7留園

綺麗どころの方が琴や琵琶を奏で歌を歌う。
 中国8留園 

きっと庭園所有の殿様も夜な夜な♪を楽しんでいたのでしょう。

 中国9留園

寒山寺・・・
寒山寺(かんざんじ)は蘇州市楓橋鎮に位置する臨済宗の仏教寺院。
唐の時代の僧侶、寒山が住んでいたことから「寒山寺」と名づけられた。

 中国10寒山寺 中国12寒山寺

↑奥はこの寺を再建した時に日本から多額の寄付を貰い受けたので、奥に日本の寺を真似た
五重塔を建てたという。

 中国11寒山寺 中国13寒山寺

蘇州の旧市街から西に約5km、蘇州駅南南西3kmにあり、寒山拾得の故事で名高い。
唐代の詩人張継(ちょうけい)が詠んだ漢詩「楓橋夜泊(ふうきょうやはく)」の石碑があることで知られる。

中国17漢詩「楓橋夜泊

この詩は都落ちした旅人が、蘇州西郊の楓江にかけられた楓橋の辺りで船中に泊まった際、旅愁のために眠れぬまま寒山寺の鐘の音を聞いたという様子を詠ったもの。

お昼食(蘇州料理・・松鼠桂魚料理とか)
 中国14

↑こんな感じの食事が旅の終わりまで延々と続くのであります。
毎食に出てきたものは、チャーハン、青梗菜や瓜の炒め物。
食事の内容は野菜がたっぷりですが、どこと無く中途半端なお味・・・?

琵琶の演奏も入って、レストランは観光客でいっぱい。

 中国15

そして、蘇州は"東洋のベニス”とも言われた運河の街、そして蘇州の中国刺繍も有名

異国情緒たっぷりと思えば・・・
 中国16

 中国17

運河沿いの200年経ったという家に住む人は河で棒で叩いて洗濯をしていた。
「ニイハオ!」と声をかけると笑って「ニイハオ~!」と、返って来た。

 中国18

この後は、シルク工場と刺繍研究所を見学。
繭から真綿をとりシルク加工してシルク布団を製造していました。
素晴らしい両面刺繍でお値段も何十万円から~何百万円まで高価なもの。
シルク布団は8000円ぐらいで買えるので、観光客にはよく売れていたようでした。

晩ご飯 上海料理
中国24上海料理


夜は雑技団見学と足ツボマッサージがオプションで、私たちはもちろん足ツボマッサージへ。
ホテルに帰ったのは10時過ぎ。
12時頃までおしゃべりをしてすぐに眠りにつきました。

あんまり安いツアーでしたので、ホテルもいかに・・・と思っていましたが何の何の
上級ホテルで、歯磨き、シャンプー、スリッパまでついて広いお部屋でした。

明日はもう一日上海です。

         続きは 2  へ続きます。

 [ 2009/06/16 07:00 ]  旅・お出かけ | TB(0) | コメント(10)
お早うございます。
凄い! まだお土産話は少し先かと思っていたのに 早速写真 有難うございます。

空はどんよりですね めっちゃ高いビルが多いのね。
これもびっくり!旅行費用安いのかしら?いいわねー。

お料理の味が・・・・さすがはなこさん!面白いですね。

毎日楽しみです 又ね!
[ 2009/06/16 08:09 ] [ 編集 ]
はなこさん、お帰りなさい。
お久しぶりです!
って、私も ここのコメントは ご無沙汰してましたね。

高層ビルを眺めた次の日に 川辺の棒叩き洗濯ですか。
これが中国の広さ、奥の深さなんでしょうか。

お~、やっぱり 金ピカの仏さま!
日本の寺院も創建時は こんな風に金襴豪華だったんでしょうねえ。

機内は乾燥してるし、マスクは 正解でしょ。
インフルエンザ、実はジワジワと広まってるみたい。
先日、横浜港で船の一般公開に行ったのですが、乗船前に体温チェックされましたよ。

次の 旅行記、楽しみにしてます。




[ 2009/06/16 09:13 ] [ 編集 ]
お友達との旅行楽しんできたようですね。
高層ビルがずらりですごいですね。
お仏像 金ピカで光り輝いてまぶしいくらい。i-179
食事は野菜豊富で私にはぴったり 
はなこさんが感じた中途半端な味のお料理 チョッと残念でしたね。
運河は中国って感じ 広々ですよね。
足ツボマッサージは疲れがとれたでしょう
ホテルも想像より立派 良かったじゃないですか。
つづきの北京も楽しみです。e-454
[ 2009/06/16 10:43 ] [ 編集 ]
おはようございます

お帰りなさい、楽しい旅行のようでしたね
駆け足ながら中国の雰囲気が伝わってきます
食事も素晴しい演奏でお腹いっぱい味わった事でしょう
旅の続きをたのしみにしてます
[ 2009/06/17 05:33 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しました
素晴らしいご旅行をさてましたね。
写真だけでもはなこさんの笑い声やささやき声が、
伝わってくるようです。

つづきを楽しみにしています。 *^_^*
[ 2009/06/17 06:29 ] [ 編集 ]
お帰りなさい!
どでっかい中国の旅、楽しまれたようですね。
私は北京しか行ったことがないのですが、中国の印象は、とにかく広いでした。
上海は国際都市でさすがですね。でもきっとビルの裏側に行くと、雑然とした中国があるのでしょうね。
なみなみと水をたたえる運河、そこに生活する人、日本では見られない風景。
はなこさん、いい旅行をされましたね。ところで、中国刺繍、おみやげに買われたのですか。人の手で刺したとは思えない細かさ、きっとすごいんでしょうね。
次回の旅行記、楽しみにしています。
[ 2009/06/17 09:16 ] [ 編集 ]
おかえりなさい
はなこさんへ
 ご無事で、何よりです。
目も大分良くなり、昨日も、小金井で会合、本日も
地元で会合、何しろ、1カ月静養していましたので
やることがたまり、負担です。
 また、ゆっくり、コメントします。お話も聞かせてください。
[ 2009/06/17 11:08 ] [ 編集 ]
こんばんは。
中国に行かれてたんですね、色んな場所で楽しまれたようでなによりです。
写真も綺麗に撮れてますね。
美女が弾いている琴、「レッド・クリフ」に出てきましたね。
チャウ・シンチーの「カンフー・ハッスル」にも出てきました。
あちらでは琴って日本より身近なんでしょうね。
本場の中華料理は薄味なんですかね(^^)
[ 2009/06/17 20:46 ] [ 編集 ]
はなこさん ご無沙汰してしまいました
ワ~うらやまし~。
私も絶対に中国に行きたいと思っているので
とっても感動的なお写真です
 
上海はすごい町になってるのですね
子供が小さいときに一度いきましたが
ホテルのロビーのドアに手をはさみ、骨折してしまい
観光どころではありませんでした
 蘇州にいかれたのですね
絶対にいきたいナンバー1ですのでお写真拝見でき
うれしいです
それにしてもいいな~。。。

 お疲れさまでした

 
 

 
[ 2009/06/18 00:04 ] [ 編集 ]
v-277ケイコさん、お早うございます。
早くしないと、記憶や感動がうすれてしまうので頑張っていますよ。
読んでくれる方のお陰です。
いつも感謝、シェーシェv-435です。

v-277hesbyさんへ
本当は、いつも旅行した地の人々の暮しを見たいと思うのですが
ツアーでは観光名所ばかりで無理ですね。
帰ってきてから、新聞でまだまだ新型ウイルスが下火なんかでないことを
知りました。
私ってアサハカね~
ちょいと熱っぽい人は、濡れナプキンを渡されて、よく冷やして
もう一度、検温してたけど・・・・なんか意味がわからん?でした。
あはは、やっぱり中国。だったのか???

v-277アマリリスさんへ
そう、こんなに高層ビル群だとはびっくりだったわ。
東京でもこんなでないわね。
中国はこれからもどんどん発達する国だわね。地方とのつりあいは分からないけど・・
けど、ちゃんと建ててあるのかと心配してる人もいましたね。
信頼というものは、失うと取り戻すのに時間がかるという心理かなと思いました。

v-277tomikoさんへ
旅に出たら、現実はひと置き。
楽しんできました。話をするより写真も見てくれたほうが分かるかな?
少し長いけど、お楽しみにしてください。

v-277グランマさん、こんにちは~
見ていただきありがとう!
そう!伝わっているかしらね?それは嬉しいです。
少し長くなっちゃったけど3までです。
ありがとう。

v-277Akiko.Hさんへ
Akiko.Hさん、刺繍はすばらしいけど、持って帰ったとしても
家にはあわないね。よくそういうおみやげってあるでしょう?
今回思ったわ、旅慣れた人っていうのは無駄な散財はしていないってことが・・・
次もあるから、わたしもそんな高価なものは買えない~~
旅は楽しむことが第一だね。

v-277こうちゃんさんへ
こうちゃんさん、こんなご時世だからいろいろ心配してくださったのですね。
コメントから、読み取れましたよ、ありがとうございます。
新ウイルスで大騒ぎの時、旅行はキャンセルが続いたのかと思いきや
旅行会社によれば、そうでもなかったとか。
皆さん、マスクもせずのん気だなと思いましたが、はたしてマスクが
どのくらい有効かもはっきりわからないし、かかるかかからないかは
運なのかな?

こうちゃんさんも、ちょいとよくなったからって頑張りすぎませんようにネ。
自分の身は自分で守るしかないのです・・・(生意気!)

v-277アシタカさんへ
うっ、アシタカさん、映画通なんですね。よくご存知。
中国、奥が深いですね。いろいろな弦楽器が中国にはありますね。

中国の女の方、綺麗でしたよ。スチワーデスさんも。女優並でした。
街ではショートカットの女の人は皆無ぐらいにいなくって不思議でした。
皆長い髪を結んでいるか、結んだのをまた丸めているような髪型でした。

食事は日本人の方がよっぽど辛いもの食べているかなぁと思いましたね。

v-277ルルキーさんへ
ルルキーさんは若いもの、これからだって何回も行けますよ。
ツアーでは高齢者ばかり(笑
若い人はまだ仕事もあったりして、家族環境がまだ行けないのでしょうね。
これからだって、ルルさん。

アジア地域好きだから、頭の中はもう次の旅行を考えています。


[ 2009/06/18 09:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索