FC2ブログ

はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

被災地に 花を・・・・2

さて、目的だった花の植え付け作業が早くに終わったので、2日目は朝から
山元町の教育長さんと生涯教育課長さんの案内で、被害の大きかった海岸沿いの町の様子を案内して
頂くことになりました。

山元町から常磐線を超えた向こう側が海岸線になります。
ですから、庁舎の場所は震度6強の地震はあったけれど、津波の被害は受けませんでした。

被害の大きかった中浜小学校への道のりの途中が、瓦礫の山々が残る原っぱへ化していました。
そこには何もない、ただ元には家があったろうと予測できる家の土台だけが所々に残り
常磐線の線路も消えて流され、ほんの5メートルぐらいの線路らしきものが残るだけで
以前はこの道路からは見えなかったという山々が見え、誰もいない索漠とした風景があるだけでした。

写真は小学校以外は全部バスの中から撮ったものです。

では、バスが走った順に被害地域の風景です。

常磐線・山下駅の土台だけが残った跡です。(たった5~6Mぐらいしかなかったように見えましたが)
線路は流されてありません。

20120415被災地1

この常磐線が復旧するには、あと2~3年はかかるだろうと言っていました。
今は巡回のバスが仙台方面へ行っているということでしたが、早く復旧しないと町の若い人がどんどん
町を出ていってしまって、町は過疎化してしまうと危惧していました。

20120415被災地3

あたり一面は何もない野原なのですが、時にこうした壊れかかった家も被災当時のままに
残っていました。

震災前は家が立ち並び、坂元川の正面の山は見えなかったそうです。
20120415被災地5

家の土台だけが残ります・・・・

20120415hisaiti0

瓦礫の山と言ってよいでしょうか?
これがみな、個人の財産だったり、命あるものだったり、その家の古くからある大事なものだったかもしれないと
思うと、目がしらが熱くなりました。

20120415被災地6

20120415被災地7

町ではここの瓦礫を自分たちで処理出来るものは処理するために、小さなプラントが建っていました。

20120415被災地4

自分たちで処理できないほどの多くの瓦礫があるところでは(そういうところの方が多いと思いますが)
プラントも無く、瓦礫が山になっているそうです。
しかし、これを片づけなくては、新しい生活も始まりません。

野原となったところにまだ片付かないものと一台の車が、妙に寂しそうに見えました。

20120415被災地9

ここは、TVニュースでも報道された24名の高校生が亡くなってしまった自動車教習所の後地です。
木の慰霊碑が建てられていました。

20120415被災地10

今はほとんど瓦礫が何か所に集められていますが、震災直後はどんなに混沌とした地獄絵図だったでしょうか。

20120415被災地11

バスが廃校になってしまった中浜小学校に到着しました。
ここは校舎は平成元年に建てられた、とてもモダンな小学校でした。(町でも自慢の小学校だったそうです)

20120415被災地13

バスを降りてびっくりしました。
校庭いっぱいに向こうがみえないほどの向こうまで、まるでプレスを待っている廃車の山でした。

20120415被災地14

ここは体育館です。
ガラスと砂をどけたままになっていましたが、床が津波で大きく持ち上げられています。

20120415被災地15

この小学校は2階建てと3階部分に小さな倉庫がある建物で、2階部分の上にまで津波がやって来た
表示板が張られていました。
約10Mの高さだそうです。

20120415被災地16

2階の屋根まで水が来たのでしょう、瓦が壊れています。
すぐ向こうに海が見えていますが海岸線からは400Mくらい離れたところだそうです。

20120415被災地17

そして校舎の中。

20120415被災地18

外から木が突っ込んできているのが分かるでしょうか?
木の根っこがそのまま残っていました。

20120415被災地19

ここは、3階部分の学校の倉庫です。
ここで生徒(59名)、先生、近所の人達の約90名が、避難し一晩身を寄せ合って夜を明かしたところですが
段ボールが敷かれてあったりして、その日のままの姿でした。

20120415被災地22

校長先生の機転でここに避難し、翌日校庭に集められたところを自衛隊のヘリコプターに発見された
ニュースはまだ、耳にも新しいです。
子供たちには、周りの風景を見せないで・・・という教育的配慮もあったとか。

鉄骨の入った柱も倒されたままです。
どんなに津波が強かったかを想像できます。

20120415被災地20

なんとも言葉が出ない気持ちで、被害の強かった学校を後にしました。
この校舎はこのまま、震災の被害を語る建物として永久保存にしたいと、仰っていました。

これは坂元駅の跡地。
駅のトイレと駅の看板だけが残っていました。線路はありません。

20120415被災地21

この後、仮設住宅をバスの中から見ました。
TVで映るよりとても小さく狭そうに見えました。
洗濯物が干してあり、日常が少し見えました。これで寒さも暑さも耐えるのだ・・と思うと
なんとも言えない気持ちです。

この町は、いちご、リンゴ、ホヤの産地です。

やっとビニールハウスを建て直して、イチゴ農家が少しづつですがイチゴの栽培を始められるように
なって来ていました。

20120415被災地22

遠くに新しいいちごハウスが建て並んでいます。

20120415被災地23

これは震災後、町の語り部の会の人たちが作ったその日を思い出して書いた本です。
(私はこれから読みます。)

20120415語り部本

花の植え付けを一緒にやった、元気のよい70歳の方が書いた文も載っています。

私達のお昼は、回りは何もないところにポツンと建ったお弁当屋さんのお弁当でした。
3月末のやっとオープンしたそうです。
手作りの家庭のお味の美味しいお弁当でしたが、こんな場所でご商売が成り立つのか心配になるくらいでしたが
多分復興の作業をする人たちの食事となるのでしょう。

こうして、あの大きな地震から少しづつですが町の再建の方向へと動いているのも感じましたが
まだ、道のりには色々な問題も山積しているように感じます。
その中でも、この町の方々のパワーの感じ、町が前のように普通の暮らしが出来るようになることを
祈らずにはいられません。

 [ 2012/04/19 18:20 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(11)

被災地に 花を・・・・1

2日間、被災地宮城県亘理郡山元町に出向いて、春の花を植え込むボランティアに参加してきました。

20120414被災地花植えボラ5

震災後、義援金で被災地を応援するだけでなく、何か自分でも出来ることはないかとずっと考えてきました。
果たして自分のこの歳で出来るだろうか?との迷いはありましたが、町田市の法人会の主催で
「花に託す復興への思い 被災地に花を咲かそう」のボランティア募集を知り、迷うことなく参加を決めました。
自分の目で被災地を見てみたい、という思いもありました。

市長を含む私達は約90人。バス2台です。
出向いた被災地は、宮城県亘理郡山元町という町でした。
仙台市のすぐ南、TVニュースでもよく報道された相馬市の北に位置する小さな町です。

作業に入る前、簡単なセレモニーがありました。
山元町のボランティア50人と関係者の方々が、私達を歓迎して横断幕を持って拍手で迎えてくれました時は
何か胸にほろりと来ました。

植えつけは山元町のボランティア50人の方々との共同作業です。
場所は山元町の庁舎前と国道沿い(坂元町)の2か所でしたが、私が作業したのは庁舎前花壇でしたので
こちらでの写真しかありません。

植えた花の数は約8000株強、町田市からトラックで輸送されました。
市の花の施設がこの8000株の花を昨年から作っていたのです。

作業中は写真を撮ることが出来ませんでしたから、植え付けが終わって翌日の水やり風景です。

左手上の方が庁舎。

20120414被災地花植えボラ1

庁舎に入る両脇の花壇に花を植えました。

20120414被災地花植えボラ3

ダリアの球根も植えてあります。
山元町と町田市のマークを形どった花壇の一部。友好の印かな。

20120414被災地花植えボラ4 20120414被災地花植えボラ2

きれいに出来たでしょう?
嬉しかったです。
仮設住宅から参加したという70歳になる方のパワーのすごいこと、忘れません。

出発の日の14日は朝から中程度の雨で、雨でも作業はすることになっていて空模様が心配でしたが
調度作業に入ったころから雨は少しづつ上がって、順調な運びで進みましので、2日間で植え付けを終わらせる予定が
一日で終わり、二日目は、被害が多かった場所や被害で廃校になった小学校跡を見せて頂けることになりました。

花壇の花達がきれいに咲いていくのを見て、被災地の町の人たちが「きれいだなぁ。」「花も元気に咲いているなぁ。」と
感じて下さったら、今でも嬉しく思います。


さて「自分の目で見る被災地」が、どんな風に私の目に写ったかを次回にお伝えします。

 [ 2012/04/18 12:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(13)

愛しきもの

こんなに可愛らしい、うさぎの小さな人形です。小さきものはみな、愛おしさであふれています。
ぐうし館の売店で一目ぼれ・・・

221014うさぎ小物

来年はうさぎ歳。そろそろ年賀状のモデルとしてとおもって。


いつものように、町田ぐうし館で市民大学・ボラの日でした。
この日は、ハスの実をつけている「ワラベ人形」を作りました。

221014わらべ人形

縫うことが好きな人は以後も 、このボランティアが出来るかもしれません。
みんなそこそこの熟年主婦たちですから、難しいことはありません。
おしゃべりをしながら楽しく縫います。

愛しいもの・・・若いお母さんが生まれたての赤ちゃんを抱っこしているとき、
その慣れない抱き方で 赤ちゃんのそれは小さな御足が外に出てしまっているとき。

「可愛いこと・・・ね。」と、思わず微笑んですれ違いました。



晩御飯
すね肉のシチュー グリンサラダ 長ししとう焼き 山葵漬け
221016晩御飯

牛すね肉はワインで3日、圧力なべで15分ぐらい繰り返して煮ていたでしょうか。
やわらかくなった頃、再びワインを足して玉ねぎ、人参、馬鈴薯、マッシュルームを加えて煮、
デミグラスソースでさらに煮あげます。
出来上がってから茹でたブロコリーも加え、塩コショウで味を調えます。
すね肉がほっこり煮えて、コンビーフのような感じでした。

 [ 2010/10/17 00:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(6)

大賀ハス 摘み取り

夏の間、お休みだったぐうし館でのボラがまた始まりました。

昨日は大賀ハス畑に分け入りて、蓮の葉と実の摘み取り作業でした。

201009蓮田 ぬかるみ

事前に雨が降ろうが槍が降ろうが摘み取り作業はする!と聞いていましたので、それなりの覚悟は
出来ていましたよぉぅ。

前日に台風が過ぎ去り、幸いなことに午前中は曇って涼しかったので『神様のお恵み~』と喜びながら
ぬかぬかの畑に入りましたがこれが重労働で、夏の間なまくら生活をした私にとっては
「はぁ~・・・・・」
田んぼに足は取られ、1時間ぐらいはしたのでしょうか? 堪えましたね。

あぁ、なんでも見えない仕事は大変だっていうことが分かりましたよ。
「暑い~」だとか「疲れた~」とかの言葉の一つも出さずに、自分の仕事に背を出す館生(ここで日ごろ作業している障がいをもつ人たち)に 感心しました。

さて、摘み取ったこの大賀ハスをどうするかって?
この茎から繊維を取り出し糸にして、一枚の布を織りあげて製品にしていくわけです。
この糸から作った製品は一見とてもお高いのですが、それがなぜ高価なお値段のものになるか・・・

こうした見えない仕事のいくつもの積み重ねがあるからなんです。
今日はこれでで終わりましたが、帰ってからどったりしたのは・・・歳のせいだったのかも。

9月11日追記
大賀ハスの茎の繊維から紡いだ糸で織った織物を『ぐうし織』、また茎を苛性ソーダで煮てから取った
糸で織った織物を『茄糸織』といいます。
写真を載せておきます。
クリックでどうぞ→ 大賀ぐうし館ショッピング
             (大賀ハスというところもクリックしてみてね)



↓こちらは夏前につくった“うさぎのお手玉”・・・販売品を手作りで習いました。

201007うさぎお手玉

中には、蓮の実が入っています。
昨年一年かかって吊るし雛を制作したので、これくらいならば軽い作業でしたよ(にっこり)



晩御飯
カレー ナン サラダ ヨーグルト サワーで一杯
20100908晩御飯 

ナンはパン屋さんで買いました。
 [ 2010/09/10 00:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(11)

紅花染めのスカーフ

先日の2日間のボランティア日のことです。

町田大賀藕絲館の作業所で『紅花の摘み採りから~シルクスカーフを 染めるまで』を
習って来ました。
紅花染めなどを習って、なかなかボランティアらしいことはやっていません。いいのかな?

この工程は2日間で行われたものです。出来上がりは、こんな色合いのスカーフに。

紅花染めシルクスカーフ 広げてみました。 
 紅花染めスカーフ

紅花染めは日本古来の伝統染色で、染料によってピンク系と黄色の2色に染めることができるそうです。

一日目、晴天の暑い日でした。

①畑へ行って摘み取りの頃合いのよい紅花を摘んできたところです。 (棘があり摘み採りは痛いです)
紅花染め1

②紅花の花ビラだけを摘んで、洗っています・・・
紅花染め2

③水気を絞り、足で踏んで花の色を出やすくしています。
紅花染め3

紅染めに使用される紅は、冷え性や切り傷などに不思議なほどの効用があるそうです。

④ ③をまるめて3日発酵させて“花餅”を作ります。これは紅花染めをを一年中出来るように保存のため。 紅花染め4


二日目です。

⑤花餅に水を加えて染色液を作ります。

⑥紅花はアルカリ性なので、炭酸カリウム(酢でも可)を加えて中性にする。PHを調べています。
紅花染め7

⑦花餅を水と炭酸カリウム(強アルカリ)を加えて染液を作りはじめます。
紅花染め6

⑧花を綿袋で濾した液で40~50度に温めながら、スカーフ布を染めていきます。
紅花染め8

⑨10分ぐらい染めたところで、水を変えながら洗い流し色を落ち着かせます。
紅花染め9

このあと陰干ししています。 綺麗なアカネ色に染まりました。


まあ大体こんな風な手順で紅花を使って染めることができます。
どこかのカルチャースクールへ行ったようなことをやりましたが、同じ部屋で
ここに通所している館生がいろいろな仕事をしていました。


晩御飯
餃子 春雨サラダ 枝豆 御飯 味噌汁 漬物
20100720晩御飯
 [ 2010/07/22 23:28 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(10)

ボランティア はじまり~

「行ってきまーす」  
今日は4月から始まった 市民大学・ボランティアコース 実踏日です。

玄関を出ると、昨日から咲き始めたスイカズラの花がひとつ、咲きだしていました。

 20100610スイカズラ


ここは、「町田市大賀藕絲館」 障がいを持った方たちの作業所です。
建物は正倉院風。

町田市 大賀藕絲館  ←クリックでどうぞ

 町田市大賀ぐうし館

簡単にいえばここでは大賀ハスと紅花にちなんだ染物,織り、小物作り、紙、お菓子などを作って
市の名産品として販売しています。
私たちはそこでほぼ月に2回今年いっぱい、館生と一緒に作業したりお手伝いをするわけです。
今日は初めてぐうし館を訪問して、半日作業所を見せて頂いたり一緒に朝礼らしきものにも参加しました。

手作り品を売っているショップは広くてとても綺麗です。
ここに作品がずらりと並べられています。

 ぐうし館ショップ

今日は私も手作り品のひとつ、パッチワークのランチョンマット(手縫いとミシン使いが半々のもの、素敵でしょう?)
ハスから作ったお酒「太古のめざめ」を買ってきました。

 ぐうし館・ハス焼酎

私は以前10年近く障がいのある方たちに携わる仕事をしていたことがあります。
手作りが好きなこともあって、そんなことから市民大学では、このコースを選んだのです。

次回は雨が降ろうが槍が降ろうが、紅花畑で染料の原料にする紅花摘みの手伝いです。
そのうちこれで、シルクのスカーフを染めたり小物を作る手伝いもしていきます。

一緒に作業する仲間と過ごす時間が楽しいと思えたら、ボランテァはそれでいいと思っています。
半日楽しく過ごしました。



晩御飯
ロールキャベツ ポテトサラダ 果物 ご飯 漬けもの
 20100610晩御飯

 [ 2010/06/10 23:30 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(17)

フリーマーケット

今年もゴールデンウイークに入りました。
日曜日に地域の介護ホームで、例年行われている地域親睦と入所者のための催し物としての
バザーにさくらはうすも参加しました。
その手伝いをしました。

残念なことに、写真は撮ったのですが紛失してしまい風景を載せられません。
さくらはうすでは、寄付品を主に販売したのですが
バザーは、格安なお値段で勝負しますが売り上げは上々だったとか。

たった5時間の店開きですが、終わる頃にはお隣近所の店ともお客とも馴染みになり
毎年楽しく終わります。
昨年やったときにお隣のお店だった人とも一年ぶりに再会し
「去年は、おいしいおにぎりありがとう。」だなんて、おすそ分けしたものまで覚えていて
和気あいあいのコミニケーションも楽しみのひとつでした。

農家の方らしき人が出していた、苗木や朝掘り筍は、すかさず買い占めて、
料理法を尋ねたりして、おまけの苗も頂きました。
掘り出し物に出会えるのも楽しみですが、人との出会いも毎年楽しみなバザーです。

早速朝9時に掘り出したという筍を、帰ってきてから茹で
聞いた料理法で筍を料理しました。
筍寿司がそこの一押しでした。

takenoko寿司01
筍を油揚げと濃い目にしっかり味付けして煮る。
グリンピースがあったのでそれも加えた

筍寿司02
寿司用に炊いたおコメに寿司味をつけて具を混ぜる

私も筍寿司は作りますが、教えてもらったことに注意を心がけて作った筍寿司でした。
おいしかったわ~
何処に行っても、筍の追っかけはやめられません。あはは。




 [ 2008/04/29 07:00 ]  ボランテア | TB(0) | コメント(5)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索