はなこの暮らし工房

ガーデニング、絵手紙、絵遊び、昔は料理が趣味だった主婦の日常生活

「川端 龍子展」 を見に行く

灼熱の夏日が少し隠れた雨の日に、川端龍子(1885~1966)展に出かけてきました。

20170726龍子展1

パンフレット。

20170726龍子展2 20170726龍子展3

いささかなスケッチを自分ではじめると俄然、現代日本絵画が面白くなってきました。
川端龍子は、今年2月に見に行った展覧会の、「青龍社の女性画家 小畠鼎子」の師匠です。

龍子は既存の絵画の集団から離れて、健剛なる芸術の創造を唱え「青龍社」という画家の集団を
立ち上げました。
この画家名になったわけとか、作品に何を込めたかというところを知ると、絵は断然に面白く
なってきます。
生きた時代の社会情勢や時代を反映して描かれる絵を、今に見るということに興味を持って
絵を見てきました。

牡丹の花を好んで描いたそうです。
池の鯉の絵も、今にも動き出しそうで素晴らしかったですが、私は、“爆弾昇華”と題された絵が
今回は印象的でした。
戦争の終わる二日前、自宅の庭に爆弾が落ち、その情景を庭の花や野菜にこめて描いた絵です。
34歳の時の作品です。

若い頃には挿絵を描いていたとそうですが、なにか、おぼろげに、私が幼い頃に家にあった
雑誌のこんな絵を覚えています・・・
少年少女の雑誌だったか、すごろくやカルタだったか・・・・

展覧会に飾られる絵はどれも超大きくて、それは龍子が“会場芸術”と呼び、
それまで、依頼されて描く一部の人のための絵では無く、一般の人たちにも絵を見てもらおうと
展覧会のための絵を描いたということです。
大きいので、迫力があります。

朝9時から~夜9時まで広いアトリエで絵を描いたそうですが、口数は少なく無口だったそうです。
家庭人としては子供や家族には愛情がとても深く、また動物好きだったようです。
孫娘が描いている側でバク転をしても、とがめる風でも無くまた、犬が作品の上を歩いてしまっても
驚く風ではなく、片づけていたそうです。
逸話から、お人柄が見えました。

住まいのあった大田区には現在、「区立龍子記念館」があり、11月3日~も没後50年の企画展があります。
その時には、横山大観や川合玉堂の絵も展示されるそうです。
日本美術院時代に龍子と親交があったのです。



 [ 2017/07/31 00:00 ]  美術館 | TB(0) | コメント(6)

やはり一度は作ったブラックベリージャム

20170729ブラックベリージャム2 

ブラックベリーの木が、エコカーテンで2面と、東側のフェンスにツルが伸びています。
山ほど収穫できるのですが、この実を収穫し、処理していくのは結構手間がかかります。
昨年までは、ジャムにしたり、ブランデーやウォッカ酒、また酢に漬けたりといろいろしてみましたが
いささか、消費もしていかないし飽きてきました。

今年は全部、料理好きの友人たちに差し上げて処理してもらいましたが、
最後の最後の収穫で、一度だけは作っておこうと、ジャムにしました。

↓もう、最後の方なので粒が小さいです。

20170729ブラックベリージャム1

手間のかかる作り方を変えたらいいかもしれないと、毎年作って来た方法を変えて

① 洗って、水気を切って鍋で煮る。
② 10分煮たところで潰れて来るので、笊で裏ごしをかける。
③ その液の分量を量り、レモン汁と、砂糖を6割~程加えて、とろみがつくまで再び煮る。(10分位)
④ 熱湯消毒した瓶に入れて保存する。

早速、荷物を送ろうと思っていた人へ、荷物の隅に入れて送り出しました。

ブラックベリーは種も多く固いので、仕上がりの時に口当たりが悪くなるので、種を濾すという作業が
他のジャム作りと比べ苦労です。
昨年までは生の時に短くブレンダーをかけて、実を潰してからガーゼで濾していました。
それを煮てジャムに仕上げていました。
手間がかかるがお味は天下一品で、ポリフェノールも多く甘酸っぱくて、とても美味しいです。


年々、いろいろなことにややの“苦労”を感じて来るようになりました。。
使う器具もあれこれ汚さず、調理のシンプル化を目指すということは、昨今のクッキングにも大いに見られ
自然の成り行きだと思います。

昔、若い時、クリームソースなど作る時には、シノワを使ったり
日本料理では、裏ごし器を使ってスパテラで潰して濾したりと、濾すというのは大変の労力の要る
作業だったということを、思いだしました。



こちらは、やはり窓のカーテンにしていたゴーヤです。

20170729ゴーヤ

お遊びで植木鉢に一株だけしか植えませんでしたが、可愛らしいのが2個収穫しました。
こちらは、魚肉ソーセージと一緒に炒めてナンプラーで味付けしお昼に頂きました。






晩御飯  冷やし餃子 ヒジキ煮 南瓜レンジチン 
20170728晩御飯

冷やし餃子は脂っ気が無くさっぱりしていますから、夏向き。

餃子は茹でて水に取り冷ましておきます。
皿にレタス、キュウリをしいて盛り、さらにミニトマトと大葉を飾り、酢醤油で頂きます。好みで唐辛子をかけて。
餃子は市販の生餃子を使いました。
 [ 2017/07/30 00:00 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(2)

文化人形を縫う

2017070文化人形
大きさは 大・32センチ 小・24センチ

通っているカルチャーで縫った課題作品の文化人形です。
この時期少々、暑苦しい色合いです。

文化人形とは・・・ネットから。
大正から昭和初期にかけて作られた、多くは赤い服を着た洋装の布製の人形のこと。
また、それらを模して作られた人形のこと。
文化人形の「文化」とは、文化住宅、文化包丁など様々な派生語を生んだ、当時の流行語。
東洋人にはないぱっちりとした大きな目、しかし西洋人のような碧眼ではなく、白目の部分に水色を差して、
全体は黒目となっている。
服の色は子供を守るという迷信から赤がよく使われる。(これは、つるし雛にもあるね)
スカートにひらひらのフリル、大きなボンネット、すらりと伸びた長い足、手と足の印のリボン。
必ず靴を履いている。

記憶のず~と奥に、この人形の記憶は面影がありますが、この人形で遊んだ覚えはないです。
私の時代はミルクを飲ませたりおしっこをしたりする、ゴムでできた丸っこい人形でした。
3歳下の妹の時代は、ナイロン製の髪の毛ある人形(多分ゴム製)でした。
姪の時代は、スラリとしたリカちゃん人形ではなかったかな。

もしかすると、母の時代の頃の人形の形だったかもしれない。
こんな顔のこんな目をした“ぬり絵”は、した覚えがありますね。


こちらは、私が10歳の頃の人形。

20170724watasino人形 28センチ

お蔵入りの思い出の人形で、服は、母の手作り。
ずっと捨てられず、今になりました。





晩御飯  生鮭のラタトウユ添え 焼き茄子 鮪の白昆布和え 
晩御飯  八割そば(乾麺) 南瓜のそぼろあんかけ 厚油揚げの味噌ネギ焼き 干物烏賊焼き
201170719banngohann 20170723banngohann


 [ 2017/07/28 00:00 ]  手作り作品 | TB(0) | コメント(4)

南瓜スケッチ 他

コリンキーと坊ちゃんかぼちゃをスケッチしました。

20170724kabotyasuketti1 F2サイズ

こちらはモデル

20170724kabotyasuketti1モデル

もう一枚。(コリンキー、小玉スイカ、水ナス)

20170723kabotyasuketti F6

モデルはこちら。

20170723moderu

オレンジ色のかぼちゃは、生でも食べられるコリンキーという名前のかぼちゃです。
最近はよく漬けものに使われています。

坊ちゃんかぼちゃは1個500G以下の大きさのかぼちゃだそうですが
一般的な栗カボチャに比べ栄養価が高く、タンパク質やβカロテン、糖質などは3倍以上も含まれていると
されて、緑黄色野菜の代表格です。
甘くて美味しいと思いますし、少人数の家庭にはちょうどいい大きさです。

オニユリもスケッチしました。

20170722oniyurisuketti F2

こちらはモデル。

20170722オニユリ、モデル 

8月、サークルはいつも通りあります。
幸いに、8月は2回行けそうです。
10月には展覧会があります。


南瓜スケッチをしながら、TVの国会中継を見ていたのですが、あの副総理っていう人は
いつも船を漕いでいるようで、眠っているのかいないのか
世界中探したって、ああいう場所で船をこぐ人はいないな~。
“ボケかぼちゃ”や”ボケ茄子”っていう言葉もあるけど、それは、船を漕ぐ人と一緒にしたら
野菜に失礼だな~。
まさか、眠ってはいないですよね?





晩御飯  いなり寿司 胡瓜蛸酢 生揚げと夏野菜煮 トマト 枝豆
20170709晩御飯 

この日は、ランチョンマットに載っているものだけ、食べました。


 [ 2017/07/25 17:09 ]  スケッチ | TB(0) | コメント(6)

カサブランカ咲く

♪カサブランカが香り高く咲いてきました。

20170720kasaburannka1

昨年もひょろひょろで、植え変えなくては・・・と思いつつ、また今年もひょろひょろです。
こちらはしっかり!

20170722カサブランカ2

とても清い感じのする花ですね。

♪サルスベリ

20170711sarusuberi

百日紅ももう、花は散り始めています・・・・。
夏の代表的な花ですね。

♪フロックス(オイランソウ)の白

2017-722♪フロックス(オイランソウ)の白

白は、うどんこ病にかかりやすいです(まぁ、フロックスはどれもかかりやすいけど。)
最後は赤が咲いてきます。

ゼフィランス(レインリリー)が再び群れで咲いてきました。
群れで咲いてきたのは3度目です。

20170722ゼフィランス

最初の花のタネが出来て、もうこぼれ落ちています。
そろそろお終いです。

♪フウチソウ  花

20170724fuutisou花

葉の間から、穂のような細いものが・・・花ですね。

♪ヒューケラの花も最盛期

20170723ヒューケラの花

他のヒューケラも花は咲きましたが、この大きさは別格。
原産地の風景を思わせます。
広~い大きな国・・・そう、北アメリカでしたね。





晩御飯  鶏飯 豆腐のサラダ 大長甘焼き 残り物など
20170722banngohann

 [ 2017/07/24 00:00 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(2)

エァプランツ(ティランジア ウスネオイデス)の花

20170707エァプランツの花1 20170707エァプランツの花2

エァプランツというものが、ひとつだけあります。
名前は、ティランジア ・ウスネオイデス。その花が咲きました。

小さな小さな花ですから、見過ごしてしまいそうです・・・・
ふたつ咲いているのを発見しました。
直径2ミリ程度の小さな小さな花でした。

遠い以前にもエアプランツは育てたことはありましたが
その時にも花は咲いたことはありました。
その時は、赤紫色の小さな花でした。

原産地は南米、アメリカ南部など。
木に着生し、夜霧や雨水、空気中の水分を取り込み、自生してます。
育てで大事なのは「光・風通し・温度」だそうです。

水やりも、私は思いだした時にざぶんと水につけてしまいます。(液肥の入った水が良い)
今は軒下につるしてありますが、冬は、室内の陽当たりのいいところでした。
花は珍しいかと思ってアップしてみました。





晩御飯  茄子の肉巻き トマトと鶏ハムサラダ 胡瓜蛸酢 枝豆
20170720晩御飯

茄子の肉巻き煮にも酢をぐるりと入れて煮ています。味はまろやか。
卓上に、酢さしを置いてなるべく取るようにしています。
こちらは昆布入りにしてあります。

 [ 2017/07/22 20:14 ]  花 と庭 | TB(0) | コメント(4)

梅雨明け

7月19日、昨年より2日早く梅雨明けが宣言されました。
これからが本格的な夏!と思うと・・・・厳しいです。

20170719梅雨明け梅干し

毎年梅雨明け宣言を聞くとすぐに梅干しの仕上げに入ります。
天日に早速広げました。今年は15キロ。
白梅漬けだけです。
赤シソを入れませんでしたが、なんか楽だったような気持ち。
陽が強いので2日干して終わるだろうと考えています。


こちらは夫が仲間とボランティアしている、多摩市の古文書を解読してまとめた資料本です。(結構厚い本)
今、開催中の展示会の資料になっていますが、これに携わった人の名前も載っています。

20170720夫の本

夫は夫で、自分の人生をまっしぐらです。
私も同じ。
お互いに、互いのやっていることには口出しもせず、もくもくと我が道を行く夫婦です。
残り時間が短いので、互いのやっていることを口出ししたり構ったりする暇が出来ない状況です。
どうぞ、お好きな道を精いっぱい、まい進しましょう。


追記
梅干し、干しあがりました。


20170722うめぼし出来上がり

乾した日数は2日とひと晩。
容器は、焼酎消毒し、ザラメを間に散らしながら詰めます。(かくし味になります。)
大体はすぐには食べずに、ひと冬越して食べ始めます。
梅が、梅干しになるまでの、もしかすると辛い旅でしたね。





晩御飯  焼き鯖 冷豆腐 焼きなすの鶏皮あんかけ 枝豆
晩御飯  夏野菜カレー 鶏肉とピーマン炒め トマト
20170717晩御飯 20170716晩御飯

夏の野菜だけのカレーはさっぱりしていて美味しいですね。
 [ 2017/07/20 20:59 ]  料理・食べ物 | TB(0) | コメント(5)
旬の花時計
プロフィール

はなこ

Author:はなこ
“はなこの暮らし工房”にようこそ!
東京都在住
庭で咲いた花、手作りしたもの、毎日の生活のひとコマを綴ります。
自分の為の備忘録。

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索